商品先物取引 売買指針サービス En-Rich

En-Rich

スイング、デイトレ 相場リアルタイム配信!

金 白金 原油 ガソリン ゴム とうもろこし 大豆

トップページ ごあいさつ サービス概要 過去の実績 マーケット情報 よくある質問 お問い合わせ


 トップページ >  本日の相場
入会お申込み
ログイン 会員専用ページ

無料サービス!ご登録はこちら
会員様の声
サービス概要
過去の実績
本日の相場
マーケット情報
よくある質問
 


2020年10月22日(木)

[金]
円高とNY安を受けて、売りが先行して始まった。売り一巡後は、下値圏でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比41円安の6,453円、出来高は24,013枚。

[白金]
NY高を受けて、続伸して始まった。その後もNY時間外の上昇を受けて、堅調に推移して取引を終了している。
先限は前日比13円高は2,993円、出来高は4,138枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外の軟調地合いを背景に売られ、この日の安値圏で取引を終了している。
先月限は前日比1,090円安の27,530円、出来高は17,031枚。ガソリン先限は前日比1,190円安は39,840円、出来高は496枚。

[ゴムRSS3]
上海高や円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は期近と期中がタイの現物高を背景に水準を上げると、期先も切り返して取引を終了している。
先限は前日比2.4円高の219.8円、出来高は5,024枚。

[とうもろこし]
シカゴ高と円高の強弱材料が交錯するなか、売りが先行して始まった。その後期先の下げが目立った。午前11時半頃にジリ安となり、2万4570円の安値をつけた。安値を離れ、2万4600円台を回復したが、軟調に取引を終了している。
先限は前日比150円安の24,650円、出来高は149枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
最後の五分間より、最初の五分間
相場は最初の仕掛けが肝心です。
一般的な物事なら最後の5分間で巻き返しをはかることも可能ですが、
この道ばかりは最初の5分間が命取りになりかねません。

その他情報は、こちらより



2020年10月21日(水)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後午前中はNY時間外の引き締まりにつれて上値を試す動きとなったが、午後には買いが一巡し、円相場の上昇が重しとなる地合いの中、上げ幅を削って取引を終了している。
先限は前日比38円高の6,494円、出来高は25,258枚。

[白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は堅調地合いをたどり、午後は高値圏でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比74円高は2,980円、出来高は6,574枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外が戻り待ちの売りに下落したため、伸び悩んで取引を終了している。
先月限は前日比190円高の28,620円、出来高は9,053枚。ガソリン先限は前日比280円高は41,030円、出来高は293枚。

[ゴムRSS3]
上海高を受けて、買いが先行して始まった。その後は利食い売りに伸び悩む場面もあったが、タイの現物高や上海高を背景に再び買われ、高値圏で取引を終了している。
先限は前日比9.9円高の217.4円、出来高は6,515枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後も上げ幅を拡大し、一代高値更新の動きが続いて取引を終了している。
先限は前日比230円高の24,800円、出来高は182枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
指値を取り消すな
どんなに優れた相場人でも、最初に決めたことに一切迷いがない人はいません。
ただし、目先の動きにこだわりすぎて、注文や取り消しを繰り返していると、
せっかくのチャンスを失いかねません。
この場合大切なのは、ここを割ったら損切りと決めていた逆指値を取り消すことです。
自分を大損から守ってくれる防波堤を自ら壊してしまう行為は避けたいものです。

その他情報は、こちらより


2020年10月20日(火)

[金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後NY相場の軟調地合いを背景に、下値を試したが、後半はマイナス圏でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比23円安の6,456円、出来高は21,151枚。

[白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後もじり安をたどり、この日の安値圏で取引を終了している。
先限は前日比51円安は2,906円、出来高は4,812枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後もNY時間外の軟調地合いを背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先月限は前日比1240円安の28,430円、出来高は7,577枚。ガソリン先限は前日比230円安は40,750円、出来高は144枚。

[ゴムRSS3]
タイをはじめ産地の現物の高値傾向などを受けて、買いが先行して始まった。その後は高値警戒感から売られ、先ぎりはマイナス圏に沈む場面もあったが、売り一巡後は買い直され、この日の高値で取引を終了している。
先限は前日比3.4円高の207.5円、出来高は4,173枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後は先限の堅調な値動きや、円相場の弱含みからプラスサイドに浮上して取引を終了している。
先限は前日比110円高の24,570円、出来高は209枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
後手よりも先手
相場も碁や将棋と同じ。先手先手を打ち、飛びつき売買をしないことが成功の秘訣。

その他情報は、こちらより


2020年10月19日(月)

[金]
NY安を受けて、小反落して始まった。その後はNY金時間外の上昇を眺めて切り返し、この日の高値圏で取引を終了している。
先限は前日比22円高の6,479円、出来高は22,645枚。

[白金]
NY高と円安を受けて、買いが先行して始まった。その後も強調地合いを維持し、徐々に水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比28円高は2,957円、出来高は4,158枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外、為替ともに方向感を欠くなど材料に恵まれず、比較的狭いレンジでもみ合って取引を終了している。
先月限は前日比150円高の28,670円、出来高は7,370枚。ガソリン先限は前日比130円高は40,980円、出来高は121枚。

[ゴムRSS3]
上海高を受けて、買いが先行して始まった。その後は上海の上伸を背景に上値を追い、全限月が一代の高値を更新したが、引けにかけては利食い売りに期先が上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比3.5円高の204.1円、出来高は4,740枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後は先限つなぎ足で2月20日につけた高値2万4420円を上抜けると、2万4460円まで上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比150円高の24,460円、出来高は249枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
心の駒に手綱許すな
相場は思惑通りに動くとは限らないため、常に気持ちを引き締めて行動しましょう。

その他情報は、こちらより


2020年10月16日(金)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は円相場が上昇する中、NY時間外相場が値を消したため、次第に伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比20円高の6,457円、出来高は30,469枚。

[白金]
買い戻しを受けて、買いが先行して始まった。その後はプラス圏でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比8円高は2,929円、出来高は6,130枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
手掛かり材料に乏しい中、小幅まちまちで始まった。その後はNY時間外の下落を背景に手じまい売りが優勢となり、マイナス圏に沈む限月が相次いで取引を終了している。
先月限は前日比250円安の28,520円、出来高は7,573枚。ガソリン先限は前日比270円安は40,850円、出来高は112枚。

[ゴムRSS3]
タイの現物価格の上昇を受けて、買いが先行して始まった。その後も上海市場高を背景に水準を上げたが、午後に入ると期先は利食い売りに上値を抑えられて取引を終了している。
先限は前日比3.3円高の200.6円、出来高は5,387枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、続伸して始まった。その後もシカゴ高を背景に、堅調に推移して取引を終了している。
9月限は前日比270円高の24,150円、新甫11月限は24,310円、出来高は259枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
志は遠大なる要す
目先の小さな利益にとらわれず、志は大きく天底を狙って大儲けをしましょう。

その他情報は、こちらより


2020年10月15日(木)

[金]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は欧州連合と英国の自由貿易協定締結交渉などのリスク要因が意識される中、積極的な売りは手控えられ、方向感乏しく取引を終了している。
先限は前日比5円安の6,437円、出来高は23,986枚。

[白金]
円高を受けて、反落して始まった。その後は円の上昇とNY時間外安を受けた売りに押されて取引を終了している。
先限は前日比51円安は2,921円、出来高は6,365枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外が戻り待ちの売りに下落したため、伸び悩んで取引を終了している。
先月限は前日比420円高の28,770円、出来高は9,228枚。ガソリン先限は前日比470円高は41,120円、出来高は162枚。

[ゴムRSS3]
上海高を受けて、続伸して始まった。その後は円の引き締まりや上海相場の下落を背景に、期先中心に売り圧力が強まり、終盤に期先3限月が大幅安となって取引を終了している。
先限は前日比4.8円安の197.3円、出来高は5,946枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、小幅続伸して始まった。その後は期先が上げ幅を縮小も堅調に推移して取引を終了している。
先限は前日比110円高の23,880円、出来高は94枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
高下とも五分一割に従って、二割、三割向こうは理と知れ
これは、相場の天底を値幅から観察した古くからの言い伝えです。
天底の10%引いたところを天底と決めて駆け引きし、20、30%も動いたら、
もはや天底なので黙って反対売買しなさいと言っています。

その他情報は、こちらより


2020年10月14日(水)

[金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。売り一巡後は買い直され、下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比59円安の6,442円、出来高は41,491枚。

[白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外が堅調に推移したことで、期先などがプラス圏に切り返して取引を終了している。
先限は前日比11円高は2,972円、出来高は4,428枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は上げ幅を削り、先ぎりが大引けにかけてマイナス圏に沈んで取引を終了している。
先月限は前日比40円安の28,350円、出来高は6,911枚。ガソリン先限は前日比0円は40,650円、出来高は254枚。

[ゴムRSS3]
上海高を受けて、買いが先行して始まった。その後は利食い売りに上値を抑えられながらも、全般は上海高を背景にしっかりに推移して取引を終了している。
先限は前日比1.9円高の202.1円、出来高は3,237枚。

[とうもろこし]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後はシカゴ夜間取引の小反落や、弱気に転じてきたテクニカル要因を背景に売り優勢状態から抜け出せず取引を終了している。
先限は前日比100円安の23,770円、出来高は150枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
豪華な本社ビルを建てたら売り
この格言は、バブルで浮かれた経営者が驕り高ぶり、過大な設備投資や不必要な
自社ビルを建てると言う兆候が見えてきたら、往々にして業績も株価もピークになる
確率が高いということを言っています。

その他情報は、こちらより


2020年10月13日(火)

[金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後午前中は軟調に推移した。午後は買い戻され、やや下げ渋って取引を終了している。
先限は前日比42円安の6,601円、出来高は22,370枚。

[白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後もNY時間外安を背景に、期先主導で下げて取引を終了している。
先限は前日比52円安は2,961円、出来高は3,985枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外が9月の中国の輸入量増加を材料に切り返したのを背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。
先月限は前日比200円安の28,390円、出来高は54,998枚。ガソリン先限は前日比120円安は40,650円、出来高は142枚。

[ゴムRSS3]
日米株価た高を受けて、小高く始まった。その後はドバイ原油安が重しになり、マイナス圏に沈んだが、午後に入ると産地の現物価格の高止まりなどから再び買われた。先ぎりは一時202円まで上昇し、8月末以来の高値を付けて取引を終了している。
先限は前日比1.7円高の200.2円、出来高は4,431枚。

[とうもろこし]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円高を受けて、軟調に推移して取引を終了している。
先限は前日比180円安の23,870円、出来高は118枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
心動けば相場に曲がる
株を買う時にプランを立てると思いますが、実際にその株が勢いよく上がり始めると、
当初のプランを無視してどんどん欲に走りがちです。
このような状態になると、冷静さは欠けて、単なる欲の塊になっているので、
相場勘もだんだん曲がってくるという意味です。

その他情報は、こちらより


2020年10月12日(月)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後も円の緩みを背景に、堅調に推移して取引を終了している。
先限は前日比42円高の6,543円、出来高は28,907枚。

[白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外高を背景に、値を伸ばして取引を終了している。
先限は前日比44円高は3,013円、出来高は5,241枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後は決め手を欠く展開となり、安値圏でもみ合って取引を終了している。
先月限は前日比430円安の28,590円、出来高は55,041枚。ガソリン先限は前日比460円安は40,770円、出来高は178枚。

[ゴムRSS3]
小幅まちまちで始まった。その後は上海市場の上昇を背景に、上値を追って取引を終了している。
先限は前日比3.8円高の198.5円、出来高は6,121枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後は期先2本が前日の終値を挟んでもみあいとなり、方向性を欠いて取引を終了している。
先限は前日比10円高の24,050円、出来高は163枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
決して相場巧者となるな、まして場面巧者になるな
相場は、経験と勘だけでは、大きな利益は得られません。しかも回転売買は怪我のもとです。

その他情報は、こちらより


2020年10月9日(金)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後午前中は取引中のNY金時間外が強含みに推移したことから、上値を追う展開となった。NY時間外の上昇は午後には一服したが、円の軟化が支えとなり、先ぎりは上値圏でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比62円高の6,501円、出来高は23,426枚。

[白金]
NY高を受けて、反発して始まった。その後はNY相場時間外の上昇を背景に、プラス圏で推移して取引を終了している。
先限は前日比18円高は2,969円、出来高は3,849枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外が戻り待ちの売りに伸び悩んだため、日中始値を下回って取引を終了している。
先月限は前日比420円高の29,020円、出来高は63,878枚。ガソリン先限は前日比510円高は41,230円、出来高は336枚。

[ゴムRSS3]
原油高や株高を受けて、買いが先行して始まった。その後も連休明けの上海市場のしっかりした展開を背景に、買い優勢に推移して取引を終了している。
先限は前日比3.3円高の194.7円、出来高は3,317枚。

[とうもろこし]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後はシカゴ夜間取引が上げ幅を拡大にも反応薄で小幅安で取引を終了している。
先限は前日比80円安の24,040円、出来高は82枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
罫線張りは盲目張り
罫線(チャート)ばかりに頼って判断することは危険です。
かつての相場名人、田附政次郎が「罫線は相場の杖だ」と言っているように、
罫線は万能ではなく、あくまでも参考にするべきものだということです。

先物ニュース!
2020年10月12日(日中立会)より委託者証拠金が変更されます。
金(標準) 246,000円
金(ミニ) 24,600円
ゴールドスポット 27,600円
銀 109,000円
白金(標準) 120,000円
白金(ミニ) 24,000円
プラチナスポット 25,200円
パラジウム 558,500円
ゴムRSS3 64,000円
ゴムTSR20 98,500円
とうもろこし 48,500円
一般大豆 80,500円
小豆 56,000円
バージガソリン 297,500円
バージ灯油 248,000円
ドバイ原油 455,000円
バージ軽油 265,000円
中京ローリーガソリン 45,500円
中部ローリー灯油 43,400円
東京コメ 50,000円
新潟コシ 11,000円
秋田こまち 59,160円

その他情報は、こちらより


2020年10月8日(木)

[金]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は一時、期先がマイナス圏に沈む場面もあったが、取引中のNY時間外の堅調地合いを背景に、引き締まって取引を終了している。
先限は前日比6円高の6,439円、出来高は19,059枚。

[白金]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の下落を受けて水準を切り下げ、軟調に推移して取引を終了している。
先限は前日比0円は2,951円、出来高は3,508枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は全般に新規の手掛かり材料待ちの中、NY時間外の動意薄を背景に、小幅レンジで推移して取引を終了している。
先月限は前日比40円高の28,600円、出来高は56,819枚。ガソリン先限は前日比40円安は40,720円、出来高は74枚。

[ゴムRSS3]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後も東証株価の堅調を背景に、全般に上伸して取引を終了している。
先限は前日比3.3円高の191.4円、出来高は3,000枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後は小口の売りに圧迫され、午後に入り強含みとなり、小高く取引を終了している。
先限は前日比20円高の24,120円、出来高は95枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
賢者は考えを変えるが、愚者は決して変えない。
「君子豹変」という言葉があり、君子(立派な人)は自分の過ちを改めるときには、
豹の斑文がはっきりしているように、潔く過ちを認めるという意味です。
相場の世界も、日々動いているので、いつまでも最初の考えに固執することは、
時に命取りになります。間違ったときはきっぱり改める姿勢も必要です。

その他情報は、こちらより


2020年10月7日(水)

[金]
NY安を受けて、大幅下落して始まった。その後はNY時間外の下落を眺めて、下げ幅を拡大したが、後半はNY時間外の戻りを映し、先ぎりで安値からは50円超値を戻して取引を終了している。
先限は前日比62円安の6,433円、出来高は35,183枚。

[白金]
NY安を受けて、急落して始まった。その後もNY時間外安を背景に、軟調に推移して取引を終了している。
先限は前日比99円安は2,951円、出来高は9,436枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
方向感を欠き、小動きで始まった。その後はNY時間外が下げ渋ったのを背景に、じりじりと上げ、小幅に切り返して取引を終了している。
先月限は前日比110円高の28,560円、出来高は58,152枚。ガソリン先限は前日比90円高は40,760円、出来高は233枚。

[ゴムRSS3]
軟調な株価などの動きを受けて、売りが先行して始まった。その後もポジション整理の売りが優勢となり、総じて下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比1.5円安の188.1円、出来高は1,922枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後は午前、午後とも2万4150円で頭打ちながら堅調に推移。閑散商いで新規買いは見送りムードで取引を終了している。
先限は前日比30円高の24,100円、出来高は83枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
金曜日の後場高
市場でよく言われる言葉ですが、はっきりした根拠はわかりません。
戦前の短期取引の金利では、土曜と日曜の二日分の日歩がかかるため、
金曜に買いが入ったためと言われています。

その他情報は、こちらより


2020年10月6日(火)

[金]
円高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の軟化を背景に、上げ幅は縮小したが、先ぎりは6500円を挟んでもみ合って取引を終了している。
先限は前日比64円高の6,495円、出来高は21,589枚。

[白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は小幅レンジで推移し取引を終了している。
先限は前日比63円高は3,050円、出来高は3,930枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外に連動し、もみ合いながら水準を上げて取引を終了している。
先月限は前日比990円高の28,450円、出来高は14,190枚。ガソリン先限は前日比1,000円高は40,670円、出来高は278枚。

[ゴムRSS3]
ドバイ原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後は利食いなどの売りに上値を抑えられたものの、午後は再び買い優勢に推移して取引を終了している。
先限は前日比2.6円高の189.6円、出来高は2,579枚。

[とうもろこし]
まちまちで始まった。その後は限月間で方向性を欠く展開で取引を終了している。
先限は前日比40円高の24,070円、出来高は228枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
記録破れば高峠
従来の高値を抜いて新値が出ると、そこが天井になるのが一般的。
ここを考慮して駆け引きすれば、リスクは回避できるということ。

その他情報は、こちらより


2020年10月5日(月)

[金]
円安を受けて、続伸して始まった。その後はNY時間外の軟化を背景に水準を切り下げ、全ての限月がマイナス圏に沈んで取引を終了している。
先限は前日比19円安の6,431円、出来高は18,931枚。

[白金]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の引き緩みを背景に水準を切り下げ、マイナス圏に沈んで取引を終了している。
先限は前日比6円安は2,987円、出来高は4,204枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はトランプ米大統領の病状の回復が伝えられるとNY時間外が上昇し、ドバイ原油も追随して取引を終了している。
先月限は前日比600円高の27,460円、出来高は11,834枚。ガソリン先限は前日比1,560円高は39,670円、出来高は305枚。

[ゴムRSS3]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は国慶節で上海市場は休場したが、その後はドバイ原油の堅調を眺めて上げ幅を拡大させて取引を終了している。
先限は前日比3.1円高の187.0円、出来高は2,859枚。

[とうもろこし]
円安受けて、買いが先行して始まった。その後序盤売り優勢も下値切り上げからプラスサイドに浮上して取引を終了している。
先限は前日比90円安の24,030円、出来高は111枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
強弱より運用を学べ
相場の予想を研究するよりも、自己資金でいかに利益を上げるか、
その運用技術を学べという意味です。
言い換えれば、相場は予想がつきにくいため、自分に合った運用方法を
学ぶほうが有利であると言えます。

その他情報は、こちらより


2020年10月2日(金)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はトランプ米大統領の新型コロナウイルス感染(検査で陽性)を受け、NY金時間外が引き締まる一方、外国為替市場では円高・ドル安が進み、強弱材料が交錯する中で振れが大きくなって取引を終了している。
先限は前日比11円高の6,450円、出来高は30,284枚。

[白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後は下げ渋る場面もあったが、終盤は円の上昇を眺め下げ幅を拡大、この日の安値圏で取引を終了している。
先限は前日比77円安は2,993円、出来高は7,513枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はトランプ米大統領の新型コロナウイルス感染(検査で陽性)が報じられ、NY時間外が下げ足を速めると、円高・ドル安進行もあって、一段安となって取引を終了している。
先月限は前日比1,990円安の26,860円、出来高は22,970枚。ガソリン先限は前日比1,870円安は39,110円、出来高は402枚。

[ゴムRSS3]
手がかり材料難を受けて、小動きで始まった。その後はドバイ原油の急落を背景に、期先中心に軟調に推移して取引を終了している。
先限は前日比1.6円安の183.9円、出来高は2,803枚。

[とうもろこし]
シカゴ高も強材料視する動きが少なく、売りが先行して始まった。その後午前中は下げ幅は限定的だっが午後の取引は円高を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比190円安の23,940円、出来高は239枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
恐慌が来るは晴天の霹靂の如し
恐慌は予告なく突然にやってきます。
相場の暴落も同じようにやってくるため、日頃の心構えが大切です。

その他情報は、こちらより


2020年10月1日(木)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY金時間外の堅調地合いを背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比44円高の6,439円、出来高は22,259枚。

[白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外の上昇を背景に上げ幅を拡大、おおむねこの日の高値で取引を終了している。
先限は前日比117円高は3,070円、出来高は7,381枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外がドル安・ユーロ高を背景に値上がりしたのを眺めて水準を切り上げ、この日の高値近辺で取引を終了している。
原油2月限は前日比1,160円高の28,640円、新甫3月限は28,850円、出来高は10,617枚。ガソリン先限は前日比1,350円高は40,980円、出来高は299枚。

[ゴムRSS3]
ドバイ原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後も原油相場の堅調地合いを背景に、おおむねプラス圏で推移して取引を終了している。
先限は前日比1.5円高の185.5円、出来高は2,877枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後もシカゴ高を背景に、堅調に推移して取引を終了している。
先限は前日比310円高の24,130円、出来高は410枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
急騰する相場に変じよ
天井近くになれば売り気、底値近くは買い気で臨みましょう。
くれぐれも天井買い、底値売りをしないように。

その他情報は、こちらより


2020年9月30日(水)

[金]
NY高を受けて、続伸して始まった。その後はNY金時間外が軟化すると、水準を切り下げ、期先はマイナス圏に沈んで取引を終了している。
先限は前日比4円安の6,395円、出来高は24,586枚。

[白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。買い一巡後は、円相場の引き締まりとNY安を眺めて値を消し、軒並みマイナス圏で推移、この日の安値圏で取引を終了している。
先限は前日比42円安は2,953円、出来高は5,467枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外の軟化、円高を背景に水準を切り下げ、この日の安値近辺で取引を終了している。
原油先限は前日比1,140円安の27,480円、出来高は13,679枚。ガソリン先限は前日比1,0740円安は39,630円、出来高は518枚。

[ゴムRSS3]
上海安を受けて、売りが先行して始まった。その後も上海相場の下げ幅拡大を背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比2.5円安の184.0円、出来高は4,354枚。

[とうもろこし]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後は前日の終値近辺の小動きで取引を終了している。
先限は前日比0円の23,820円、出来高は19枚。


いつもありがとうございます。

今月も皆様お疲れさまでした。

以下は、9月度の各コースの獲得利益幅です。

スイングトレード
金標準 ・・・44円(1000倍)
白金標準 ・・・917円(500倍)
ドバイ原油 ・・・5190円(50倍)
バージガソリン ・・・2960円(50倍)
ゴム(RSS3) ・・・21.1円(5000倍)
とうもろこし ・・・510円(50倍)


デイトレード
金標準 ・・・328円(1000倍)
白金標準 ・・・270円(500倍)
ドバイ原油 ・・・3660円(50倍)
バージガソリン ・・・4230円(50倍)
ゴム(RSS3) ・・・26.5円(5000倍)


10月度もよろしくお願いします。


本日の相場格言
機会は短く、待つ間は長い
機会をとらえる時期は非常に短く、一方待っている間は長く感じられるもの。
つまり、相場で成功するためには、とにもかくにも忍耐が必要だということです。

その他情報は、こちらより


2020年9月29日(火)

[金]
NY高を受けて、急伸して始まった。買い一巡後はNY時間外の軟化もあり、伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比99円高の6,399円、出来高は28,373枚。

[白金]
NY高を受けて、大幅高で始まった。その後は戻り売りと出合ってもみ合いを続け取引を終了している。
先限は前日比118円高は2,995円、出来高は7,491枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外が動意を欠いたことから伸び悩んで取引を終了している。
原油先限は前日比560円高の28,620円、出来高は7,311枚。ガソリン先限は前日比350円高は40,700円、出来高は227枚。

[ゴムRSS3]
ドバイ原油高を受けて、続伸して始まった。その後は上海ゴムの軟調地合いを眺めて売られ、おおむねマイナス圏で推移して取引を終了している。
先限は前日比2.5円安の186.5円、出来高は2,574枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後は上げ幅を削り、小幅高にとどまって取引を終了している。
先限は前日比30円高の23,820円、出来高は111枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
恐怖が来るのは晴天の霹靂の如し
時として市場を揺るがすような暴落がやってきますが、
それは誰にも予測することはできません。
言い換えれば、順調な時でも慢心してはいけないという意味です。

その他情報は、こちらより


2020年9月28日(月)

[金]
NY安を受けて、売り先行して始まった。その後もNY時間外の軟化を眺めた手じまい売りに下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比42円安の6,300円、出来高は23,728枚。

[白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後円安一服やドル建て現物相場の軟調が圧迫要因になったが、売り一巡後は下げ一服となった。午後に入ると、ドル建て現物相場の戻りが売られたことを受けて軟調となって取引を終了している。
先限は前日比38円安は2,877円、出来高は4,730枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の軟調地合いを眺めて水準を切り下げ、おおむねこの日の安値圏で取引を終了している。
原油先限は前日比380円安の28,060円、出来高は9,064枚。ガソリン3月限は前日比340円安は39,400円、新甫4月限は40,350円、出来高は91枚。

[ゴムRSS3]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後も上海市場の堅調、タイの現物価格の強調地合いを背景に、引き締まって取引を終了している。
先限は前日比2.2円高の189.0円、出来高は4,582枚。

[とうもろこし]
夜間の軟調推移を受けて、売りが先行して始まった。その後午後1時頃から下値を切り上げ、2万3830円まで戻した。終盤にジリ安となって取引を終了している。
先限は前日比130円安の23,790円、出来高は82枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
逆日歩に買いなし
「逆日歩に売りなし」の反語。
逆日歩とは信用取引で買いよりも売りが上回り、株不足が生じた時、
売り方が払う品貸料のことです。
特に逆日歩が付くことは珍しいことではないため、
あくまでケースバイケースの対応を心がけましょう。

その他情報は、こちらより


2020年9月25日(金)

[金]
NY高を受けて、買い先行して始まった。その後は週末を控えて新規の売買が見送られる中、方向感を欠き、伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比52円高の6,342円、出来高は33,269枚。

[白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外の堅調推移を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比74円高は2,915円、出来高は7,836枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後も強含んだが、午後に入り、NY時間外の軟化を受け、期先を中心に上げ幅を削って取引を終了している。
原油先限は前日比300円高の28,440円、出来高は7,320枚。ガソリン先限は前日比380円高は39,740円、出来高は146枚。

[ゴムRSS3]
円の軟化を受けて、買いが先行して始まった。その後は堅調な上海ゴム相場を眺めて買い優勢となり、騰勢を強めて取引を終了している。
2月限は前日比4.3円高の187.0円、新甫3月限は186.8円、出来高は5,565枚。

[とうもろこし]
夜間の堅調推移を受けて、買いが先行して始まった。その後先限は夜間取引の引け値から上げ幅を縮小したが、2万3750円で買い拾われ、2万3800円台に再上昇して取引を終了している。
先限は前日比250円高の23,920円、出来高は237枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
観察は小心、行動は大胆に
相場の観察は緻密に、仕掛けは大胆にいきましょう。

先物ニュース!
2020年9月28日(日中立会)より委託者証拠金が変更されます。
金(標準) 240,000円
金(ミニ) 24,000円
ゴールドスポット 27,000円
銀 104,000円
白金(標準) 114,000円
白金(ミニ) 22,800円
プラチナスポット 25,200円
パラジウム 528,000円
ゴムRSS3 101,000円
ゴムTSR20 109,000円
とうもろこし 48,000円
一般大豆 80,500円
小豆 56,000円
バージガソリン 287,000円
バージ灯油 245,000円
ドバイ原油 446,000円
バージ軽油 261,000円
中京ローリーガソリン 45,600円
中部ローリー灯油 43,000円
東京コメ 50,000円
新潟コシ 11,000円
秋田こまち 59,160円

その他情報は、こちらより


2020年9月24日(木)

[金]
NY安や昨日の急落になびいた売りを受けて、軒並み下落して始まった。その後は海外安を映した売りや手じまい売りが優勢となり、値位置を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比68円安の6,290円、出来高は53,198枚。

[白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後もNY時間外安を受けた売りに押されて取引を終了している。
先限は前日比78円安は2,841円、出来高は10,748枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後NY時間外先物相場の下げ渋りを背景に、堅調に推移して取引を終了している。
原油先限は前日比320円高の28,140円、出来高は9,685枚。ガソリン先限は前日比360円高は39,360円、出来高は136枚。

[ゴムRSS3]
小幅まちまちで始まった。その後は円安で推移する中、前日急伸した期近に買いが継続するのを背景に、期先も引き締まった。ただ、上海ゴム相場が軟調に推移したため、期先の上値はやや重く取引を終了している。
先限は前日比1.7円高の182.7円、出来高は2,537枚。

[とうもろこし]
まちまちで始まった。その後小幅安もシカゴ夜間取引が弱含みで推移。強弱材料が交錯も決め手を欠き、限月間で方向性を欠いて取引を終了している。
先限は前日比190円安の23,670円、出来高は214枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
神の怒りに触れる相場でも、最後は需要と供給
相場は将来を予測して行う取引。
そのため、人気・不人気が思いがけず行き過ぎた大ブレの状態を喩えて、
神の怒りに触れる相場と言います。
過去にはたくさんの大上昇相場や大暴落相場がありましたが、このような
状態も結局は、需給の関係で収まるところに収まるということです。

会員各位
24日(木)はゴムの納会日です。25日(金)の日中立会より新甫が発会されます。
ゴムコースの会員様は、25日以降に配信される売買サービス時記載の限月に、ご注意下さいますようお願い申し上げます。
また、25日(金)はバージガソリンの納会日です。28日(月)の日中立ち合いより新甫が発表されます。
バージガソリンの会員様は、28日以降の配信される売買サービスの時記載の限月に、ご注意下さいますようお願い申し上げます。


*配信先アドレスのご登録は、携帯とPCといったように最大2つまで可能です。
追加アドレスをご希望の方は、お問合せもしくは会員専用メールアドレスよりお知らせ下さいますようお願いいたします。

その他情報は、こちらより


2020年9月23日(水)

[金]
NYの大幅下落を受けて、売りが先行して始まった。その後もドル指数の上昇を受けて取引中のNY時間外がさらに値を下げたため、終盤にかけて値位置を切り下げ、全限月がこの日の安値で取引を終了している。
先限は前日比238円安の6,358円、出来高は47,694枚。

[白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後も下値を試す動きが続いて取引を終了している。
先限は前日比245円安は2,919円、出来高は12,951枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後もNY時間外が米原油在庫の増加を受けて水準をさらに切り下げたため、一段安となって取引を終了している。
原油先限は前日比1,400円安の27,820円、出来高は17,905枚。ガソリン先限は前日比1,350円安は39,000円、出来高は223枚。

[ゴムRSS3]
原油の急落を受けて、売りが先行して始まった。その後は期近限月が水準を切り上げたが、上海ゴム相場の軟調を受け期先3限月はこの日の安値圏で取引を終了している。
先限は前日比5.0円安の181.0円、出来高は3,036枚。

[とうもろこし]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後も総じて下落、先限は2万3800円台でもみあって取引を終了している。
先限は前日比130円安の23,860円、出来高は229枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
金は危ない所にある
投資にリスクはつきものでも、大儲けできるチャンスがあるということ。

その他情報は、こちらより


2020年9月18日(金)

[金]
円の上昇を受けて、小幅続落して始まった。その後はNY時間外の引き締まりを受けてプラス圏に転じた。午後は追加材料待ちとなり動意を欠いて取引を終了している。
先限は前日比18円高の6,596円、出来高は25,372枚。

[白金]
NY安と円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は午前中に一時プラス圏に浮上したが、再び値を沈めて取引を終了している。
先限は前日比10円安は3,164円、出来高は6,010枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外の堅調を背景に、上げ幅を拡大させて取引を終了している。
原油先限は前日比1,040円高の29,220円、出来高は18,509枚。ガソリン先限は前日比1,150円高は40,350円、出来高は256枚。

[ゴムRSS3]
円の引き締まりを受けて、反落して始まった。その後は上海ゴム市場の上昇やタイの現物高を背景に、じりじりと水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比0.7円高の186.0円、出来高は2,615枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後上げ幅は限月により異なるが、堅調な値動きで取引を終了している。
先限は前日比130円高の23,990円、出来高は264枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
勝てば官軍、負ければ賊軍
相場で大儲けをすれば英雄、大損をすれば大馬鹿である、という喩え。
相場を張る以上、大儲けをしなければ意味がありません。

その他情報は、こちらより


2020年9月17日(木)

[金]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後もNY相場の下落を背景に、午前中は弱含みで推移した。午後は下げ一服となりマイナス圏でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比68円安の6,578円、出来高は34,656枚。

[白金]
NY安と円高を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外の軟調地合いを背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比106円安は3,174円、出来高は9,640枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、急伸して始まった。その後はドルの対ユーロ高を背景にNY時間外が下げに転じたのを背景に、大きく上げ幅を削って取引を終了している。
原油先限は前日比0円の28,180円、出来高は11,034枚。ガソリン先限は前日比100円高は39,200円、出来高は281枚。

[ゴムRSS3]
上海高を受けて、買いが先行して始まった。その後は利食いや戻り待ちの売りに、上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比0.7円高の185.3円、出来高は3,991枚。

[とうもろこし]
夜間取引高を受けて、買いが先行して始まった。買い一巡後もジリ高となって取引を終了している。
先限は前日比230円高の23,860円、出来高は269枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
勝ちに誇らず利入れ場は完全に
仕掛け万全で利運に乗ったら、慎重に利食いしましょう。
調子に乗って欲張りすぎると大損を招くことになります。

その他情報は、こちらより


2020年9月16日(水)

[金]
NY安と円高を受けて、売りが先行して始まった。売り一巡後はNY時間外が持ち直したのを背景に、午後にかけては下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比44円安の6,646円、出来高は22,584枚。

[白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後いったんはマイナス圏に沈んだが、NY時間外の上昇につれて値を戻して取引を終了している。
先限は前日比25円高は3,280円、出来高は6,706枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外が一段高となったのを背景に、水準を切り上げ、この日の高値水準で取引を終了している。
原油先限は前日比1,000円高の28,180円、出来高は16,043枚。ガソリン先限は前日比1,520円高は39,100円、出来高は434枚。

[ゴムRSS3]
前日安を受けて、小反落して始まった。その後は原油高などを眺めて、期先は買いが優勢になり切り返して取引を終了している。
先限は前日比1.4円高の184.6円、出来高は3,474枚。

[とうもろこし]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後は下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比200円安の23,630円、出来高は226枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
買うから下がる、売るから上がる
買い手が多いと物の値段が上がるのは当たり前ですが、
相場では買ったものは売り返すのが鉄則。
売買数がほぼ同数なら問題ありませんが、買いが売りより
はるかに多ければ、相場は下がり、売りの場合はその反対になるということです。

その他情報は、こちらより





2020年9月15日(火)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外がユーロ高・ドル安を背景に強含みに推移したことから上げ幅を拡大し、この日の高値圏で取引を終了している。
先限は前日比41円高の6,690円、出来高は19,733枚。

[白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は上値でもみ合いとなり、先ぎりは終値ベースで8月18日以来4週間ぶりの高値を付けて取引を終了している。
先限は前日比55円高は3,255円、出来高は5,626枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY安と円高を受けて、売りが先行して始まった。その後午前はもみ合ったが、午後は手掛かり材料に乏しい中、手じまい売りが優勢となり、下げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比290円安の27,180円、出来高は8,097枚。ガソリン先限は前日比450円安は37,580円、出来高は429枚。

[ゴムRSS3]
上海高を受けて、買い先行して始まった。その後は期先は上海の上値の重さを背景に上げ幅を削ったが、期近と期中はタイの現物高を受け、堅調に推移して取引を終了している。
先限は前日比4.1円高の183.2円、出来高は2,848枚。

[とうもろこし]
夜間取引で先限が小安くなったことを受けて、売りが先行して始まった。その後はいったん下値を切り上げたが、2万3860円で戻り一杯となった。午後は再度、売り優勢も2万3790円で下げ渋って取引を終了している。
先限は前日比140円安の23,830円、出来高は147枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
閑散に売りなし
相場が大きく下落した後、出来高が減り、揉み合いになると、強気だった者も次第に
弱気になって、空売りをするような傾向がみられますが、ここで短気を起こさないこと。
そのような状態は、目先の売りも出尽くしていて、きっかけ一つで急騰する場合も多い
ことから、チャンスを待つことです。

その他情報は、こちらより



2020年9月14日(月)

[金]
小幅まちまちで始まった。その後はNY金時間外の上昇につれて引き締まったが、午後は買いが一服し、伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比8円高の6,649円、出来高は16,136枚。

[白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後も水準を切り上げ、この日の高値圏で取引を終了している。
先限は前日比46円高は3,200円、出来高は5,714枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は様子見ムードとなり、小幅にもみ合って取引を終了している。
原油先限は前日比100円高の27,470円、出来高は6,815枚。ガソリン先限は前日比70円安は38,030円、出来高は280枚。

[ゴムRSS3]
手じまい売りが優勢の中、続落して始まった。その後は上海ゴム市場の堅調を背景に、期先、期中が切り返して取引を終了している。
先限は前日比2.4円高の179.1円、出来高は2,627枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後はシカゴ夜間取引高を背景に、堅調に推移して取引を終了している。
先限は前日比110円高の23,970円、出来高は227枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
風が吹けば桶屋が儲かる
この格言は、何か事が起こると、めぐりめぐって意外なところにも影響が及ぶということです。
ちょっとした話題をきっかけに、相場が左右されることもあるため、連想で思惑売買するのも
楽しみの一つかもしれません。ただあまり度が過ぎるのは考えもの。

その他情報は、こちらより



2020年9月11日(金)

[金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後午前は、買い戻しに一時プラス圏に浮上する場面もあったが、後半はNY時間外の軟化を背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比17円安の6,641円、出来高は24,360枚。

[白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後も軟調に推移して取引を終了している。
先限は前日比12円安は3,154円、出来高は4,674枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外、円相場ともに小動きで決め手を欠き、日中始値を挟み、小幅レンジでもみ合って取引を終了している。
原油先限は前日比590円安の27,370円、出来高は56,275枚。ガソリン先限は前日比370円安は38,100円、出来高は201枚。

[ゴムRSS3]
上海夜間相場の軟調地合いを受けて、売りが先行して始まった。その後も週末のポジション調整に利食い売りが加わり、水準を切り下げた。後半は、安値圏でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比3.8円安の176.7円、出来高は2,191枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後は先限は夜間取引の引け値から上げ幅を縮小。午後は上げ幅を再拡大して取引を終了している。
先限は前日比170円高の23,860円、出来高は160枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
買いやすい相場は安く、買いにくい相場は高い
上げ相場でまだ高くなるだろうと思って買うと安くなり、天井だろうと思って
買い控えると高くなりやすいという喩え。
反対に「売りやすい相場は高く、売りにくい相場は高い」とも言えます。

その他情報は、こちらより



2020年9月10日(木)

[金]
NY高を受けて、大幅高で始まった。その後はNY時間外の堅調地合いに支えられ、日中始値付近でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比88円高の6,658円、出来高は23,285枚。

[白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は上げ幅を縮める場面もあったが、終盤水準を切り上げ、この日の高値圏で取引を終了している。
先限は前日比85円高は3,166円、出来高は5,319枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NYの買い戻しを受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外の堅調地合いを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比930円高の27,960円、出来高は58,711枚。ガソリン先限は前日比1,040円高は38,470円、出来高は214枚。

[ゴムRSS3]
上海高と円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は狭いレンジでもみ合ったが、後半は原油相場の強調地合い、上海相場の堅調などを映して上げ幅を広げ、大半の限月がこの日の高値圏で取引を終了している。
先限は前日比4.5円高の180.5、出来高は2,567枚。

[とうもろこし]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後は、他商品の上昇にも支援され、堅調に推移して取引を終了している。
先限は前日比120円高の23,690円、出来高は113枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
買いの迷いは見送り、売りの迷いは即刻売り
買う前の迷いは、見送って問題ありません。
しかし、売りの場合は、既にポジションを持っているため、決断が必要です。
売りの迷いが出た時の見送りは、時として命取りになりかねません。
迷いが生じたら即刻売却。一旦頭を冷やして、買いのチャンスを狙いましょう。

その他情報は、こちらより



2020年9月9日(水)

[金]
NY安と円高を受けて、売りが先行して始まった。その後午前は、NY時間外の軟調地合いを映して水準を切り下げ、午後も円相場の引き締まりが重しとなり、日中安値圏で推移して取引を終了している。
先限は前日比38円安の6,570円、出来高は40,558枚。

[白金]
NY安と円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は日中始値付近でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比38円安は3,081円、出来高は5,766枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後は安値圏でもみ合い、期中以降は、日中始値を若干下回って取引を終了している。
原油先限は前日比1,670円安の27,030円、出来高は64,260枚。ガソリン先限は前日比1,770円安は37,430円、出来高は359枚。

[ゴムRSS3]
上海安を受けて、売りが先行して始まった。その後はもみ合いが続いたが、引けにかけては、上海市場やタイの現物価格の軟調地合いを眺め、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比4.3円安の176.0円、出来高は2,980枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後はシカゴ夜間取引の反落、円小幅高、商品安から期先中心に売り優勢となって取引を終了している。
先限は前日比310円安の23,570円、出来高は223枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
買い上手より売り上手
この格言には2つの意味が含まれています。
ひとつは、一般的に下げ相場は上げ相場より短期間のため、
売り(空売り)上手の方が効率的だということ。
ふたつ目は、株を買う時は欲に押されて買い時を迷うことは稀ですが、
逆に売る時は欲に引っ張られるので、売りは買いよりも難しく、売り上
手になって初めて一人前であると言う意味。

その他情報は、こちらより



2020年9月8日(火)

[金]
手掛かりに乏しく、方向感を欠いて始まった。その後は一時、マイナス圏に沈む場面もあったが、終盤は、NY時間外の戻りを背景に、期中以降は引き締まって取引を終了している。
先限は前日比6円高の6,608円、出来高は15,558枚。

[白金]
プラチナはドル建て現物相場の上昇を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の強調地合いを背景に、高値圏でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比22円高は3,119円、出来高は3,431枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はドルの対ユーロでの上昇を背景にNY時間外が下落したことから、期近中心に値を消して取引を終了している。
原油先限は前日比10円高の28,700円、出来高は53,612枚。ガソリン先限は前日比420円安は39,200円、出来高は284枚。

[ゴムRSS3]
押し目買いが先行し、総じて高寄りして始まった。その後も上海相場のしっかり地合いを背景に、全般は堅調に推移したが、中盤からは戻り売りに押され、上値も重く取引を終了している。
先限は前日比0.7円高の180.3円、出来高は2,476枚。

[とうもろこし]
夜間取引の堅調推移を受けて、買いが先行して始まった。その後はシカゴ夜間取引が買い優勢から上げ幅を拡大すると、先限が一段高となって取引を終了している。
先限は前日比300円高の23,880円、出来高は203枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
買う気を挟んで目前を利せんと売るなかれ、ただ買い場を待つべし
相場が上がるだろうと見込みつつも、反動的に少し下がると、
つい売りに転じたくなりがちですが、これをしてはいけません。
天井を着くまで粘り、押し目ごとに買うことに集中しましょう。

その他情報は、こちらより



2020年9月7日(月)

[金]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後午前は堅調に推移したが、午後に入ると上値の重さが意識され、期先は終盤、NY時間外の下落になびき、マイナス圏に沈んで取引を終了している。
先限は前日比11円安の6,602円、出来高は27,949枚。

[白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後も買い戻しに堅調に推移して取引を終了している。
先限は前日比34円高は3,097円、出来高は4,933枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はしばらくもみ合ったが、午後に入ってNY時間外が軟化すると、これを眺めてやや水準を切り下げて取引を終了している。
原油先限は前日比990円安の28,690円、出来高は62,263枚。ガソリン先限は前日比1,590円安は39,620円、出来高は305枚。

[ゴムRSS3]
原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後は割安な期先は押し目買いに一時切り返す場面もあったが、戻り売りに押され、軟調に推移して取引を終了している。
先限は前日比0.4円安の179.6円、出来高は6,467枚。

[とうもろこし]
夜間取引で下落を受けて、売りが先行して始まった。その後午前中、プラスサイドに浮上し、小高く推移。午後は一段高となって取引を終了している。
先限は前日比70円高の23,580円、出来高は210枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
買い方の投げは早く、反発は急
大きな底を入れて、大きな天井を打つ大相場は、一年でも一回あるかないかが一般的。
そう思えば、目先相場にとらわれず、大局の方向に乗りやすくなります。
上げ相場では押し目を買い狙い、下げ相場では高値を狙う機敏さが大切です。

その他情報は、こちらより



2020年9月4日(金)

[金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はプラス圏に切り返す場面もあったが、週末を控えた手じまい売りに押され再び軟化、大半の限月がマイナス圏で取引を終了している。
先限は前日比8円安の6,613円、出来高は29,056枚。

[白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後も軟調に推移して取引を終了している。
先限は前日比35円安は3,063円、出来高は7,437枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はしばらくもみ合ったが、午後に入ってNY時間外が軟化すると、これを眺めてやや水準を切り下げて取引を終了している。
原油先限は前日比290円安の29,680円、出来高は11,707枚。ガソリン先限は前日比380円安は41,210円、出来高は259枚。

[ゴムRSS3]
上海安を受けて、売りが先行して始まった。その後上海の底堅さを背景に下げ渋ったが、株安や原油安を眺めて戻し切れず、期先は日中始値付近で取引を終了している。
先限は前日比4.8円安の180.0円、出来高は8,092枚。

[とうもろこし]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後期先は下値堅く2ケタ安で推移したが、先限が引け前にジリ安となり、2万3510円と顔わせし、日中取引の安値で取引を終了している。
先限は前日比130円安の23,510円、出来高は258枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
思いつき商いは後悔のもと
相場は真剣勝負の世界。
思いつきや気まぐれで仕掛けると必ず痛い目に遭うのがオチです。

先物ニュース!
2020年9月7日(日中立会)より委託者証拠金が変更されます。
2020年9月7日(日中取引)~9月11日(夜間取引)の委託者証拠金額一覧

金(標準) 1,000倍 378,000円
金(ミニ)  100倍 37,800円
ゴールドスポット   100倍 33,600円
10,000倍 124,000円
白金(標準)  500倍 114,000円
白金(ミニ)  100倍 22,800円
プラチナスポット   100倍 26,400円
パラジウム  500倍 549,000円
ゴムRSS3 5,000倍 95,500円
ゴムTSR20 5,000倍 109,000円
とうもろこし  50倍 47,500円
一般大豆 25倍 80,500円
小豆  80倍 56,000円
バージガソリン  50倍 297,500円
バージ灯油 50倍 245,000円
ドバイ原油 50倍 465,500円
バージ軽油 50倍 266,500円
中京ローリーガソリン 10倍 47,400円
中部ローリー灯油 10倍 44,400円
東京コメ  200倍 5,000円
新潟コシ  25倍 11,000円
秋田こまち 204倍 59,160円


その他情報は、こちらより



2020年9月3日(木)

[金]
NY安を受けて、急落して始まった。その後は下げ渋ったが、午後はNY時間外の軟調を背景に、終盤にかけて下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比84円安の6,621円、出来高は36,336枚。

[白金]
NY安を受けて、急落して始まった。その後も売り優勢となり、この日の安値圏で取引を終了している。
先限は前日比109円安は3,096円、出来高は9,618枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後は安値圏でもみ合い、大引けにかけて一段安となって取引を終了している。
原油先限は前日比900円安の29,970円、出来高は15,618枚。ガソリン先限は前日比920円安は41,590円、出来高は548枚。

[ゴムRSS3]
上海夜間相場や内外原油相場の下落を受けて、急落して始まった。その後も最近の急ピッチで上昇した反動から売りの勢いが衰えずに水準を切り下げ、終盤にかけては一段安となって取引を終了している。
先限は前日比11.3円安の184.8円、出来高は10,485枚。

[とうもろこし]
小幅まちまちで始まった。その後は小高い状態を維持。期近1月限はプラスサイドに反転したが、先限はジリ安となり、70円安で今日の安値で取引を終了している。
先限は前日比70円安の23,640円、出来高は125枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
押し目待ちに押し目なし
押し目買いとは、上昇トレンドの株がわずかに下がるタイミングのこと。
相場は、いちど方向が定まるとしばらく継続する傾向があるため、
上昇を始めた株の押し目を買おうとしても、思惑通りに下がってくれるとは限りません。
逆に強い銘柄の押しはごく浅いので、自分が最初に設定した値段で待っていても、
買うことが難しくなります。

その他情報は、こちらより



2020年9月2日(水)

[金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後は下値を探る展開となった。午後に入り、下げは一服したが、戻りは弱く、安値圏でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比52円安の6,705円、出来高は31,726枚。

[白金]
円の軟化を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY相場時間外の下落を背景に、売りが優勢となり、マイナス圏に沈んで取引を終了している。
先限は前日比18円安は3,207円、出来高は6,193枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は米原油在庫の大幅減を受けたNY時間外の堅調を背景に、堅調に推移して取引を終了している。
原油先限は前日比280円高の30,870円、出来高は5,767枚。ガソリン先限は前日比410円高は42,510円、出来高は429枚。

[ゴムRSS3]
上海夜間相場の軟調地合いを受けて、反落して始まった。その後は原油相場の堅調や円の軟化を背景に買い戻す動きなどが広がり、先ぎり以外はプラス圏で取引を終了している。
先限は前日比0.6円安の196.1円、出来高は7,516枚。

[とうもろこし]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は期先限月が手じまいなどの売りに押され、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比30円安の23,710円、出来高は180枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
大手の商いを恐れることなかれ、ただ相場の高下と大勢をかんがみよ
大手の商いだからといって、必ずしも相場の見通しが正しいとは限りません。
その時の情勢をしっかり見極める必要があります。
最後に頼れるのは、自分の判断だということを肝に銘じておきましょう。

その他情報は、こちらより



2020年9月1日(火)

[金]
円の軟化を受けて、続伸して始まった。その後もNY時間外が堅調に推移したことから、午後にかけて上値を追う展開となって取引を終了している。
先限は前日比69円高の6,757円、出来高は33,108枚。

[白金]
NY安を受けて、小安く始まった。その後はNY白金時間外の上伸に支えられてプラス圏に切り返すと、騰勢を強め水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比37円高は3,225円、出来高は6,073枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円高の進行とNY時間外の堅調の綱引きとなり、安値圏でもみ合って取引を終了している。
原油1月限は前日比230円安の30,390円、新甫2月限は30,590円、出来高は5.263枚。ガソリン先限は前日比10円高は42,100円、出来高は169枚。

[ゴムRSS3]
産地タイの現物価格の上昇を受けて、買いが先行して始まった。その後は上海相場の上値の重さを背景に期先は上げ幅を縮小したが、半面、期近と期中は産地のタイト感を背景に急伸し取引を終了している。
先限は前日比2.2円高の196.7円、出来高は8,199枚。

[とうもろこし]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後もシカゴ安を背景に、軟調に推移して取引を終了している。
先限は前日比140円安の23,740円、出来高は240枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
江戸の仇を長崎で討つ
人は自分の気に入った株が負けると、冷静さを失い、
今度は負けたその株を空売りして、すぐに損を取り返そうと考えがちです。
しかし、そのような感情的な売買は、さらに負けるもと。
市場は決して逃げることはありません。
一旦休養をして、新たなチャンスを待つ余裕が必要です。

その他情報は、こちらより



2020年8月31日(月)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外がやや伸び悩んだが、外国為替相場が円安に振れたことから、買いの勢いが戻り、プラス圏でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比45円高の6,688円、出来高は27,794枚。

[白金]
まちまちで始まった。その後はNY白金時間外の上昇と円相場の軟化が綱引きとなる中で、終日方向感乏しく取引を終了している。
先限は前日比4円安は3,188円、出来高は4,701枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外の上昇を背景に買いが優勢となり、概ねプラス圏に浮上して取引を終了している。
原油先限は前日比160円高の30,620円、出来高は3,575枚。ガソリン先限は前日比400円高は42,090円、出来高は321枚。

[ゴムRSS3]
夜間取引から出来高を伴った上昇で始まった。その流れを引き継いで、午前中、全限月が2ケタ高となり、200円の大台で取引を終了している。
先限は前日比8.5円高の194.5円、出来高は15,549枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後は期先限月が手じまいなどの売りに押され、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比20円安の23,880円、出来高は180枚。


いつもありがとうございます。

今月も皆様お疲れさまでした。

以下は、8月度の各コースの獲得利益幅です。

スイングトレード
金標準 ・・・0円(1000倍)
白金標準 ・・・262円(500倍)
ドバイ原油 ・・・‐4410円(50倍)
バージガソリン ・・・890円(50倍)
ゴム(RSS3) ・・・45.9円(5000倍)
とうもろこし ・・・1180円(50倍)


デイトレード
金標準 ・・・371円(1000倍)
白金標準 ・・・309円(500倍)
ドバイ原油 ・・・1590円(50倍)
バージガソリン ・・・3560円(50倍)
ゴム(RSS3) ・・・18.3円(5000倍)


9月度もよろしくお願いします。


本日の相場格言
運を待つは死を待つに等しい
相場は時期がくるまで、じっくりと待つ姿勢も大切ですが、
自分でなんの努力もせず、神頼みと運頼みだけでは、
チャンスは通り過ぎてしまいます。
これは相場以外の事にも共通して言えることでしょう。

その他情報は、こちらより



2020年8月28日(金)

[金]
NY安と円安を受けて、方向感無く始まった。その後はNY時間外高を眺めた買いに水準を切り上げる展開。後場は堅調に推移した後、安倍晋三首相が辞任する意向を固めたと報道され為替が円高に振れたため、上げ幅を削る形で取引を終了している。
先限は前日比28円高の6,643円、出来高は59,147枚。

[白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外高を背景に、前日終値を挟んで取引を終了している。
先限は前日比1円高は3,192円、出来高は7,474枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後は下げ渋る場面もあったが、安倍首相の辞任報道後に進んだ為替の円高を受けた手じまい売りに、日中始値を割り込んで取引を終了している。
原油先限は前日比360円安の30,460円、出来高は5,791枚。ガソリン先限は前日比70円安は41,690円、出来高は280枚。

[ゴムRSS3]
上海安を受けて、期先が小反落で始まった。その後は期近が産地のタイト感を背景に水準を上げるのを眺め、期先にはその後、押し目買いが入り、全限月がプラス圏で取引を終了している。
先限は前日比1.7円高の186.0円、出来高は7,010枚。

[とうもろこし]
シカゴ高と円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は手掛かりに乏しいなか、寄り値近辺でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比60円高の23,900円、出来高は266枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
上値の三本同時は売り
相場がかなり上がりつめて上部に来た場合、各節に同じ値段が出れば、
いわゆる相場の転換を意味します。このような時は、売りに転じなければなりません。
反対に、下値に三本同時の場合は買いです。

その他情報は、こちらより



2020年8月27日(木)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外が軟調に推移したことを背景に、上値を抑えられて取引を終了している。
6月限は前日比38円高の6,570円、新甫8月限は6,615円、出来高は34,636枚。

[白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY高を背景に、プラスサイドで取引を終了している。
6月限は前日比30円高は3,193円、新甫8月限は3,191円、出来高は4,296枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は決め手を欠く中、手じまい買いにやや下げ渋って取引を終了している。
原油先限は前日比90円安の30,820円、出来高は3,728枚。ガソリン先限は前日比90円安は30,820円、出来高は3,728枚。

[ゴムRSS3]
決め手難から小動きで始まった。その後は最近の堅調地合いや上海相場の上昇を背景に、買い優勢の展開が続いて取引を終了している。
先限は前日比2.8円高の184.3円、出来高は5,904枚。

[とうもろこし]
決め手材料難のなか、方向感なく始まった。その後はシカゴ夜間相場高を眺めた買いなどにより、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比210円高の23,840円、出来高は282枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
売れば二上がり、買いや三下がり、切ってしまえば本調子
二上り、三上がり、本調子とは三味線用語。相場は個人の思うままに
ならないことを、三味線の本調子に例えた言葉です。
買いを外すと上がり、買うと下がる。
しばらく休むと、相場らしい展開になるということ。

その他情報は、こちらより



2020年8月26日(水)

[金]
円安を受けて、小幅続伸して始まった。その後はNY金時間外が軟調に推移したため売りが強まり、マイナス圏に沈んで取引を終了している。
先限は前日比20円安の6,570円、出来高は25,225枚。

[白金]
円安とNY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は手じまいなどの売りに押されて値を消して取引を終了している。
先限は前日比8円安は3,163円、出来高は3,870枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は為替が若干、円高に向かったことを背景に、伸び悩んで取引を終了している。
原油先限は前日比330円高の30,910円、出来高は9,202枚。ガソリン2月限は前日比600円高の41,440円、新甫3月は41,890円、出来高は119枚。

[ゴムRSS3]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後も最近の堅調地合いを背景に水準を切り上げて取引を終了している。
1月限は前日比3.4円高の179.3円、新甫2月は181.5円、出来高は5,771枚。

[とうもろこし]
シカゴ高ち円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は上げ幅を拡大するなど堅調に推移して取引を終了している。
先限は前日比40円高の23,630円、出来高は316枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
売り買いは腹八分
ここで言う売り買いには、手仕舞いの売り買いと、
新たにポジションを建てする時の2種類があります。
前者は「頭と尻尾は猫にくれてやれ」と同じ意味で、
後者は過剰取引を戒めると同時に資金管理の重要さを伝えています。


会員各位
26日(水)は金標準・白金標準の納会日です。27日(木)の日中立会より新甫が発会されます。
金標準・白金標準コースの会員様は、27日以降に配信される売買サービス時記載の限月に、ご注意下さいますようお願い申し上げます。


*配信先アドレスのご登録は、携帯とPCといったように最大2つまで可能です。
追加アドレスをご希望の方は、お問合せもしくは会員専用メールアドレスよりお知らせ下さいますようお願いいたします。

その他情報は、こちらより



2020年8月25日(火)

[金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY金時間外相場の切り返しを眺めてプラス圏に浮上し、午後もおおむね値を保って取引を終了している。
先限は前日比6円高の6,590円、出来高は27,567枚。

[白金]
円相場の引緩みを受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外相場の堅調地合いにつれて下値を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比41円高は3,171円、出来高は4,767枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外の下げ渋りを眺めて値を伸ばし、高値圏で取引を終了している。
原油先限は前日比560円高の30,580円、出来高は7,806枚。ガソリン先限は前日比780円高の40,840円、出来高は194枚。

[ゴムRSS3]
上海高を受けて、買いが先行して始まった。その後も上海高を背景に買い物がちに推移したが、引けにかけては利食い売りに期先が伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比1.5円高の176.3円、出来高は3,530枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後もシカゴ夜間相場高を眺めて、しっかりとした地合いを維持して取引を終了している。
先限は前日比180円高の23,590円、出来高は305枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
売りにくい相場は安く、売りやすい相場は高い
下げ相場の時、これ以上、下がりそうもないので売っても仕方がないと思っていると、
意外に下がったりするものです。
一方、まだまだ下がると思って売ると相場は上がるという、皮肉をついた表現です。

会員各位
25日(火)はバージガソリン・ゴム(RSS3)の納会日です。26日(水)の日中立会より新甫が発会されます。
バージガソリン・ゴム(RSS3)コースの会員様は、26日以降に配信される売買サービス時記載の限月に、ご注意下さいますようお願い申し上げます。


*配信先アドレスのご登録は、携帯とPCといったように最大2つまで可能です。
追加アドレスをご希望の方は、お問合せもしくは会員専用メールアドレスよりお知らせ下さいますようお願いいたします。

その他情報は、こちらより



2020年8月24日(月)

[金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後午前中はNY金時間外の軟化や、円相場の引き締まりを背景に、水準を切り下げる動きとなった。しかし、午後は下げ一服となり、マイナス圏でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比24円安の6,584円、出来高は40,977枚。

[白金]
まちまちで始まった。その後は前週末に比べてNY白金時間外が下落した一方で円は軟化したことから、強弱材料の綱引きとなり、方向感を欠いて取引を終了している。
先限は前日比10円高は3,130円、出来高は5,918枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後もNY時間外の伸び悩みを背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日は400円安の30,020円、出来高は8,462枚。ガソリン先限は前日比350円安の40,060円、出来高は121枚。

[ゴムRSS3]
原油安を受けて、続落して始まった。その後も軟調に推移したが、取引中盤からは上海ゴム相場の上昇を背景に、切り返して取引を終了している。
先限は前日比1.5円高の174.8円、出来高は1,638枚。

[とうもろこし]
シカゴ高と円安を受けて、買いが先行して始まった。その後も水準を切り上げるなど堅調に推移して取引を終了している。
先限は前日比150円高の23,410円、出来高は214枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
売り気挟んで目前を利せんと買うなかれ、ただ売りを待つべし
先行き下がると見込んでいながら、目先戻りがあると思わず買いの誘惑にかられますが、
ここはじっと我慢。底をつくまで売りを通してから、戻りを狙うのが健全といえます。


先物ニュース!
2020年8月24日(日中立会)より委託者証拠金が変更されます。
2020年8月24日(日中取引)~8月28日(夜間取引)の委託者証拠金額一覧

金(標準) 1,000倍 378,000円
金(ミニ)  100倍 37,800円
ゴールドスポット   100倍 33,600円
10,000倍 122,000円
白金(標準)  500倍 114,000円
白金(ミニ)  100倍 22,800円
プラチナスポット   100倍 27,000円
パラジウム  500倍 521,000円
ゴムRSS3 5,000倍 44,500円
ゴムTSR20 5,000倍 98,500円
とうもろこし  50倍 47,000円
一般大豆 25倍 80,500円
小豆  80倍 56,000円
バージガソリン  50倍 292,000円
バージ灯油 50倍 245,000円
ドバイ原油 50倍 477,000円
バージ軽油 50倍 268,000円
中京ローリーガソリン 10倍 45,800円
中部ローリー灯油 10倍 50,000円
東京コメ  200倍 52,000円
新潟コシ  25倍 11,250円
秋田こまち 204倍 59,160円


その他情報は、こちらより



2020年8月21日(金)

[金]
円高を受けて、続落して始まった。その後はNY時間外の軟化を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比53円安の6,608円、出来高は39,039枚。

[白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後もNY時間外相場の下落を背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比65円安は3,120円、出来高は5,794枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は円相場、NY時間外ともに小動きで決め手を欠き、レンジ内でもみ合って取引を終了している。
原油先限は前日は80円安の30,420円、出来高は3,986枚。ガソリン先限は前日比430円高の410,410円、出来高は133枚。

[ゴムRSS3]
上海安や円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は押し目を拾われ、下げ幅を縮める場面もあったが、午後は手じまい売りに押され、日中始値付近で取引を終了している。
先限は前日比1.7円安の173.3円、出来高は2,367枚。

[とうもろこし]
決め手材料難のなか、方向感なく始まった。その後も薄商いのなか、寄り値近辺でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比20円安の23,260円、出来高は182枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
売り買いを一度にするは無分別、二度に買うべし、二度に売るべし
一度の買いですべての資金を投入せず、まずは半分だけ買い、
その後の成り行きで買い乗せのチャンスを探ること。
売りの場合も同様に、資金に応じて、三度、四度に分けて投資
するのが理想的です。

その他情報は、こちらより



2020年8月20日(木)

[金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円相場の軟化を眺めて下げ渋る場面もあったが、全般は戻り売りに上値が重く、日中始値を挟んでもみ合って取引を終了している。
先限は前日比89円安の6,661円、出来高は55,125枚。

[白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比54円安は3,185円、出来高は5,651枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は円相場、NY時間外ともに小動きでレンジ相場となる中、期中以降はやや上げ幅を縮小して取引を終了している。
原油先限は前日は50円高の30,500円、出来高は5,261枚。ガソリン先限は前日比110円安の39,980円、出来高は139枚。

[ゴムRSS3]
上海安を受けて、売りが先行して始まった。その後は押し目買いが入り、下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比1.5円安の175.0円、出来高は2,375枚。

[とうもろこし]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後は手掛かりに乏しいなか、寄り値近辺でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比50円安の23,280円、出来高は160枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
うっかり仕掛けは見切りが良策
目先が不透明で相場が保ち合う時に、確信がもてないまま、
うっかり仕掛けることがありますが、このような仕掛け方は賢明とはいえません。
ゲーム感覚で相場を仕掛けても勝算は長続きしないのがオチです。

その他情報は、こちらより



2020年8月19日(水)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は円高で上値を抑えられる場面もあったが、NY相場時間外の上昇を背景に、終盤にかけて水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比33円安の6,750円、出来高は45,181枚。

[白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外相場高を背景に、上値を追って取引を終了している。
先限は前日比36円安は3,239円、出来高は5,465枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高と円高の強弱材料の綱引きを受けて、まちまちで始まった。その後は円高を背景に、マイナス圏で取引を終了している。
原油先限は前日は170円安の30,450円、出来高は5,214枚。ガソリン先限は前日比510円安の40,090円、出来高は220枚。

[ゴムRSS3]
上海高を受けて、続伸して始まった。その後はもみ合いが続いたが、中盤からは利食いや手じまいの売りに上げ幅を削り、期近2限月はマイナス圏で取引を終了している。
先限は前日比0.4円安の176.5円、出来高は1,331枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後はシカゴ高と円高の強弱感が相殺された。期先は買い優勢だったが、高値からは上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比260円安の23,330円、出来高は259枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
受けて立つが相場のコツ
「飛びつく魚は釣られる」ということわざがあります。
同様に相場も飛びついて売買すれば、損のもと。
常に研究を怠らず、目標を定めて、いざという時のチャンスに乗りましょう。

その他情報は、こちらより



2020年8月18日(火)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は円高で上値を抑えられる場面もあったが、NY相場時間外の上昇を背景に、終盤にかけて水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比107円高の6,783円、出来高は39,649枚。

[白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外相場高を背景に、上値を追って取引を終了している。
先限は前日比33円高は3,275円、出来高は3,716枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高と円高の強弱材料の綱引きを受けて、まちまちで始まった。その後は円高を背景に、マイナス圏で取引を終了している。
原油先限は前日は80円安の30,620円、出来高は6,431枚。ガソリン先限は前日比290円安の41,070円、出来高は238枚。

[ゴムRSS3]
上海高を受けて、続伸して始まった。その後はもみ合いが続いたが、中盤からは利食いや手じまいの売りに上げ幅を削り、期近2限月はマイナス圏で取引を終了している。
先限は前日比0.4円高の176.9円、出来高は2,125枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後はシカゴ高と円高の強弱感が相殺された。期先は買い優勢だったが、高値からは上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比110円高の23,590円、出来高は276枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
一夜成金一夜乞食
相場の世界は、一寸先は闇であり、成功をおさめた人、相場で破滅した人
などさまざまです。相場は一夜で成金を生み出すことができますが、その
逆もまた真で、相場には常に魅惑と非情さが付きものといえるでしょう。

その他情報は、こちらより



2020年8月17日(月)

[金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後午前は、円相場の引き締まりにつれて下げ幅を拡大する場面もあったが、後半は、NY金時間外の上昇を背景に下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比33円安の6,676円、出来高は40,142枚。

[白金]
NY安と円高を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY白金時間外の切り返しを背景に、終盤にかけて下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比36円安は3,242円、出来高は4,370枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY安を受けて、小安く始まった。その後はNY時間外の底堅い地合いを眺めて水準を切り上げ、期先3限月はプラス圏で取引を終了している。
原油先限は前日は100円高の30,700円、出来高は6,180枚。ガソリン先限は前日比290円安の41,070円、出来高は238枚。

[ゴムRSS3]
中東産原油の上値の重さや株安を受け利食い売りを受けて、反落して始まった。その後は上海ゴム相場の上昇を背景に、取引中盤から切り返して取引を終了している。
先限は前日比0.9円高の176.5円、出来高は2,368枚。

[とうもろこし]
先限は2万3220円で始まった。その後は米国産地での気温上昇予報に加え、最近の暴風雨による米中西部への打撃をめぐる懸念を受けて値を引き締めて取引を終了している。
7月限は前日比100円高の23,310円、新甫9月限は23,480円、出来高は233枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
イレたらしまい投げたらしまい
上昇相場で売り方が辛抱できずにイレ(踏み上げ)てきたら、上昇相場は終焉に近く、
逆に下げ相場で買い方の投げが出始めたら、底入れが近いと言うこと。
売り方の買戻しや、買い方の投売りで起こるオーバーシュートで相場がリセットされれば、
新たなチャンスの到来です。

その他情報は、こちらより



2020年8月14日(金)

[金]
NY高と円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外の軟化を背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比89円高の6,709円、出来高は48,702枚。

[白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の下落を背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比78円高は3,278円、出来高は4,299枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
円安を受けて、小幅続伸して始まった。その後はNY時間外の軟化を背景に水準を切り下げ、先ぎりなどがマイナスサイドに沈んで取引を終了している。
原油先限は前日は60円安の30,600円、出来高は56,543枚。ガソリン先限は前日比210円安の41,360円、出来高は83枚。

[ゴムRSS3]
上海高や円安を受けて、買いが先行して始まった。買い一巡後は、週末を控えて様子見ムードが広がったが、終盤はやや手じまい買いが勝って取引を終了している。
先限は前日比2.3円高の175.6円、出来高は1,599枚。

[とうもろこし]
シカゴ高や円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はシカゴ夜間相場の弱含みを背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比200円高の23,210円、出来高は337枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
何時も柳の下にドジョウはいない
人は最初の売りで成功すると、常に売りに回りたくなるものですが、
これは失敗の原因。相場の強弱を考えて見込みを判断するべきで、
決して売買の一方に偏らないようにしましょう。


会員各位
14日(金)はとうもろこしの納会日です。17日(月)の日中立会より新甫が発会されます。
とうもろこしコースの会員様は、17日以降に配信される売買サービス時記載の限月に、ご注意下さいますようお願い申し上げます。


*配信先アドレスのご登録は、携帯とPCといったように最大2つまで可能です。
追加アドレスをご希望の方は、お問合せもしくは会員専用メールアドレスよりお知らせ下さいますようお願いいたします。

その他情報は、こちらより



2020年8月13日(木)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外の底堅さを背景に上げ幅を拡大。後場は売り買いが交錯し、3桁高水準でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比345円安の6,496円、出来高は134,115枚。

[白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は決め手材料難から始値付近で推移して取引を終了している。
先限は前日比110円安は3,174円、出来高は11,486枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外が軟調に転じたのを背景に、伸び悩んで取引を終了している。
原油先限は前日は70円高の30,370円、出来高は60,072枚。ガソリン先限は前日比250円安の41,420円、出来高は170枚。

[ゴムRSS3]
株高や原油高を受けて、急反発して始まった。買い一巡後は円相場の上昇や上海ゴム相場の上値の重さを受け伸び悩んだ。午後は夏枯れムードが広がる中、プラス圏でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比3.4円安の171.0円、出来高は3,542枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後もシカゴ夜間相場高を眺背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比140円安の22,610円、出来高は86枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
何時とても売りの落城の高峠、恐い所を売るが極意ぞ
相場は安心して売買した時は、結果的に損になっていることが多いものです。
売りの極意とは、踏み上げたところで売りに出ること。
勇気を振りしぼって恐る恐る売りに出たときこそ儲けとなるのです。

その他情報は、こちらより



2020年8月12日(水)

[金]
NY市場の急落を受けて、軒並み売りが先行して始まった。その後はNY時間外の軟調を背景に下げ幅を拡大した。後場も概ね軟調に推移し、大幅安となって取引を終了している。
先限は前日比345円安の6,496円、出来高は134,115枚。

[白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外の軟化を背景に下げ幅を拡大した。午後では円ジリ安を受けて下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比110円安は3,174円、出来高は11,486枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油の下落を受けて、売りが優勢で始まった。その後は円安を背景に買い戻され、期先2本がプラスサイドに浮上して取引を終了している。
原油先限は前日は70円高の30,370円、出来高は60,072枚。ガソリン先限は前日比250円安の41,420円、出来高は170枚。

[ゴムRSS3]
ポジション調整などの売りが先行して始まった。その後は上海ゴムの軟調を背景に一段安となって取引を終了している。
先限は前日比3.4円安の171.0円、出来高は3,542枚。

[とうもろこし]
金が急落したことなど他商品安を受けて、売りが先行して始まった。その後は手掛かりに乏しいなか、寄り値近辺でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比140円安の22,610円、出来高は86枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
一貫性のない相場師は敗者
相場とは儲けようとすればするほど、儲からないものです。
弱くなると売り、強くなると買うといった目先相場で短時間に儲けようとすると、冷静な判断ができません。まずは儲けたい気持ちを抑えて方針を決め、その目標に集中して売買することです。


相場には勝った負けたは付き物です。勝ち負けだけで相場をやっているのであれば、そのうち偶然にも一度くらいは大きな利益をだすことも経験されると思います。しかし一度の利益を出すことは誰でも簡単なことではございますが、最終的に資金を増やすことは容易ではございません。相場を投資としてやる以上は、資産を残し財産を築きあげていかなければ意味はありません。
相場の世界では、常に勝ち続け ている投資家は1割もいないといわれています。9割近くの投資家達は1年と経たずに相場の世界から消え去っているのが実情です。
当サイトのシステムでは、目先の利益にはとらわ れず、大切な資産を残していくためにも年間プログラムを取り入れております。当然ながら短期間ではマイナスがでることもあります。しかし長い目で見た場合に、最終的には過去で実証されていますように、必ずといってよいほど年間成績はある平均値以上の結果を残すことが出来ます。
本格的な資産運用としてご紹介させていただいているため、独自のマネーマネジメントを取り入れております。
当たった、ハズれたの相場をやっていても意味はありません。
資産運用として真剣にお考えなのであれば、1ヶ月よりも当然ながら、半年、1年・・・と長期での運用の方が効果もかなり大きくなります。
実際に実感していただくためにも、なるべく長く運用するこ とをお勧めいたします。
そうすることによって、今まで味わったことのない喜びを感じて頂けるはずです。




その他情報は、こちらより




2020年8月11日(火)

[金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後も下げ幅を拡大するなど軟調推移。後場も利食い売り優勢となり、本日の安値圏で取引を終了している。
先限は前日比159円安の6,841円、出来高は65,441枚。

[白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の軟化を背景とした売りに押され、期先などがマイナス圏に沈んで取引を終了している。
先限は前日比13円安は3,284円、出来高は9,396枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外の堅調を背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
原油先限は前日は400円高の30,300円、出来高は59,964枚。ガソリン先限は前日比80円高の41,670円、出来高は103枚。

[ゴムRSS3]
ポジション調整などの売りが先行して始まった。その後はじり安となり、午後も上海ゴムの下落を眺めて弱含みに推移して取引を終了している。
先限は前日比3.3円安の174.4円、出来高は3,534枚。

[とうもろこし]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後もシカゴ夜間相場高を背景に、しっかりとした推移となって取引を終了している。
先限は前日比100円高の22,750円、出来高は85枚。


いつもありがとうございます。

先物ニュース!
2020年8月11日(日中立会)より委託者証拠金が変更されました。

2020年8月11日(日中取引)~8月14日(夜間取引)の委託者証拠金額一覧

金(標準) 1,000倍 252,000円
金(ミニ)  100倍 25,200円
ゴールドスポット   100倍 28,200円
10,000倍 135,000円
白金(標準)  500倍 120,000円
白金(ミニ)  100倍 24,000円
プラチナスポット   100倍 28,200円
パラジウム  500倍 524,500円
ゴムRSS3 5,000倍 46,500円
ゴムTSR20 5,000倍 98,500円
とうもろこし  50倍 45,500円
一般大豆 25倍 80,500円
小豆  80倍 55,200円
バージガソリン  50倍 300,500円
バージ灯油 50倍 254,500円
ドバイ原油 50倍 469,000円
バージ軽油 50倍 265,500円
中京ローリーガソリン 10倍 47,400円
中部ローリー灯油 10倍 51,100円
東京コメ  200倍 52,000円
新潟コシ  25倍 11,250円
秋田こまち 204倍 59,160円


8月12日の更新につきまして
システムメンテナンスにより、明日8月12日の更新は遅れます。
ご不便をお掛け致しますがよろしくお願い致します。

本日の相場格言
一文惜しみは天底逃し
買う時は安く、売る時は高く売りたいのが人情というもの。
しかし天底で売買できる確率の低さを考えると非現実的です。
目先のわずかな動きに惑わされて、チャンスを逸してしまう
ことほど残念なことはありません。

その他情報は、こちらより



2020年8月7日(金)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外の上げ一服を背景に、もみ合いとなって取引を終了している。
先限は前日比56円高の7,000円、出来高は65,256枚。

[白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の軟化を眺めた売りに押され、全限月がマイナスサイドで取引を終了している。
先限は前日比24円安は3,297円、出来高は12,820枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外が水準を切り下げるのを背景に、一段安となって取引を終了している。
原油先限は前日は360円安の29,900円、出来高は58,910枚。ガソリン先限は前日比360円安の41,590円、出来高は222枚。

[ゴムRSS3]
夜間取引の強地合いを受けて、買いが先行して始まった。その後は上海相場の伸び悩みや株安を眺めて上げ幅を削り、日中始値を割り込んで取引を終了している。
先限は前日比4.9円高の177.7円、出来高は5,747枚。

[とうもろこし]
決め手材料難のなか、方向感なく始まった。その後は期先限月が小口の売りに押され、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比30円安の22,650円、出来高は62枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
一枚の紙にも裏表
一枚の紙にも裏表があるように、相場でも材料が強材料、弱材料になることがあります。
材料の表裏をよく見極めることが重要です。

その他情報は、こちらより



2020年8月6日(木)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY金時間外の強調地合いを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比64円高の6,944円、出来高は45,925枚。

[白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外の堅調を背景に、上値を追って取引を終了している。
先限は前日比127円高は3,321円、出来高は8,248枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の方向感を欠いた動きを背景に、もみ合って取引を終了している。
原油先限は前日は490円高の30,260円、出来高は19,840枚。ガソリン先限は前日比450円高の41,950円、出来高は246枚。

[ゴムRSS3]
このところの上昇を受けて、小安く始まった。その後は押し目買いに切り返し、期先中心に堅調に推移して取引を終了している。
先限は前日比2.5円高の172.8円、出来高は5,675枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後は手掛かりに乏しいなか、寄り値近辺でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比30円高の22,680円、出来高は61枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
意地商いは破滅のもと
相場は個人の思惑通りに動かないのが常。
相場の動きに逆らい、意地になって難平を続けても、
冷静な判断を欠くだけで、身の破滅がオチです。
時には意地を通す場面も必要ですが、どんな投資家でも精神的・物理的な限界点を
超えて相場をするのは、限界があることを悟るべきです。

配信先アドレスのご登録は、携帯とPCといったように最大2つまで可能です。
追加アドレスをご希望の方は、お問合せもしくは会員専用メールアドレスよりお知らせ下さいますようお願いいたします。


相場で一時的にマイナスが出てしまうことは、当然ございます。
また、一発で儲けようとすることもかなり無理がございます。
簡単なことのようでとても難しいことではございますが、一番はコツコツ継続することが成功への道へと繋がるのです。
その時々の利益は小さいかもしれませんが、相場で勝ち続けるためには、この小さなものの積み重ねがとても重要なのです。
先々で、きっと大きなものに変わります。


その他情報は、こちらより



2020年8月5日(水)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の上昇一服を背景に上げ幅を縮めたが、午後は高値圏でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比140円高の6,880円、出来高は55,038枚。

[白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の軟化を映して水準を切り下げる場面もあったが、終盤は再び買われ、高値近辺まで値を戻して取引を終了している。
先限は前日比72円高は3,194円、出来高は6,393枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外が動意を欠いたことを背景に、狭いレンジで推移して取引を終了している。
原油先限は前日は290円高の29,770円、出来高は8,045枚。ガソリン先限は前日比260円安の41,500円、出来高は163枚。

[ゴムRSS3]
前日の強調地合いを受けて、買いが先行して始まった。その後は期先2限月は、日中を通してプラス圏で推移して取引を終了している。
先限は前日比1.8円高の170.3円、出来高は3,047枚。

[とうもろこし]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後はシカゴ夜間相場高を背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比120円安の22,650円、出来高は142枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
余るは足らぬの始まり
過剰生産されたモノは、一般的に希少性や付加価値を失いやすく、
ゼロに近い価値になりやすいものです。
相場を需給関係で判断する時は、この点を忘れないようにしましょう。

その他情報は、こちらより



2020年8月4日(火)

[金]
円相場の軟化を受けて、小幅高で始まった。その後はNY金時間外の堅調地合いを背景に水準を切り上げた。午後は売り買いが交錯してもみ合って取引を終了している。
先限は前日比9円高の6,740円、出来高は50,218枚。

[白金]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の強調地合いを映して上げ幅を拡大したが、終盤は伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比16円高は3,060円、出来高は4,037枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外が方向感なく推移するのを背景に、もみ合って取引を終了している。
原油12月限は前日は330円高の28,840円、新甫1月限は28,990円、出来高は5,612枚。ガソリン先限は前日比820円高の41,500円、出来高は359枚。

[ゴムRSS3]
上海高や円安を受けて、買いが先行して始まった。買い一巡後は利食いに押されたが、引けにかけて再び買われて取引を終了している。
先限は前日比3.4円高の167.0円、出来高は4,223枚。

[とうもろこし]
決め手材料難を受けて、まちまちで始まった。その後もまちまちな動きとなり、先限は上伸して取引を終了している。
先限は前日比60円高の22,630円、出来高は142枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
当たり屋につかず、曲がり屋に向かえ
当たり屋は利が乗ると程々のところで利食いしてうまく逃げますが、
相場の動きに追随して売買する人は、利食いのタイミングを失い大きな損失を招きがちです。
このことから、常に相場と反対に仕掛けたほうが賢明だということ。

その他情報は、こちらより



2020年8月3日(月)

[金]
NY高や円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は上値を追ったが、NY時間外の上げ一服を背景に、伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比99円高の6,731円、出来高は50,218枚。

[白金]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の軟化を眺めた売りに押され、上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比16円高は3,060円、出来高は4,037枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外が方向感なく推移するのを背景に、小幅レンジでもみ合って取引を終了している。
原油12月限は前日は330円高の28,840円、新甫1月限は28,990円、出来高は5,612枚。ガソリン先限は前日比820円高の41,500円、出来高は359枚。

[ゴムRSS3]
円の軟化を受けて、買い戻しが先行して始まった。その後は株高や上海ゴム相場の上昇を受けてしっかりに推移し、先ぎりはこの日の高値圏で取引を終了している。
先限は前日比3.4円高の167.0円、出来高は4,223枚。

[とうもろこし]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は米中西部で天候が改善したことを受け、米国での収穫量が増えるとの観測が強まっている。このため積極的な買いは見送られ取引を終了している。
先限は前日比60円高の22,630円、出来高は142枚。

いつもありがとうございます。

※コース名変更のお知らせ

7月27日に東京商品取引所の貴金属、ゴム、農産物市場が日本取引所グループ(JPX)の大阪取引所に移管され、総合取引所が本格的に稼働いたしました。
これに伴い、コースの関連銘柄の商品名をJPXのホームページに合わせ、次のように変更いたしました。

・「東京金」 → 「金標準」
・「東京白金」 → 「白金標準」
・「東京ガソリン」 → 「バージガソリン」
・「東京原油」 → 「ドバイ原油」
・「東京ゴム」 → 「ゴム(RSS3)」
・「東京コーン」 → 「とうもろこし」


本日の相場格言
頭と尻尾はくれてやれ
多くの人が大底で買って天井売りすることを夢見がちですが、
その確率は宝くじに当たるようなもの。
大底買いや天井売りを狙っていると、最良のタイミングを逃してしまうことが多いため、
結局はゆとりのある態度が上手くいくことだと悟ることが肝心です。

その他情報は、こちらより



2020年7月31日(金)

[金]
NY安や円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は新型コロナウイルスの感染拡大を背景に押し目買い優勢となり下げ幅を縮小、本日の高値圏で取引を終了している。
先限は前日比4円安の6,632円、出来高は35,274枚。

[白金]
NY安を受けて、続落して始まった。その後はNY時間外安と円高・株安に圧迫されマイナスサイドで取引を終了している。
先限は前日比72円安は3,044円、出来高は7,552枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後もNY時間外安を背景に、売り優勢で取引を終了している。
原油先限は前日は690円安の28,510円、出来高は9,994枚。ガソリン先限は前日比940円安の40,680円、出来高は357枚。

[ゴムRSS3]
上海安や円高を受けて、売りが先行して始まった。売り一巡後は買い戻しも入り、終盤にかけて下げ渋って取引を終了している。
先限は前日比1.2円安の163.6円、出来高は4,840枚。

[とうもろこし]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は手掛かりに乏しいなか、寄り値近辺でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比70円安の22,570円、出来高は93枚。


いつもありがとうございます。

今月も皆様お疲れさまでした。

以下は、7月度の各コースの獲得利益幅です。

スイングトレード
東京金 ・・・148円(1000倍)
東京白金 ・・・642円(500倍)
東京原油 ・・・430円(50倍)
東京ガソリン ・・・3650円(50倍)
東京ゴム ・・・10.6(5000倍)
東京コーン ・・・520円(50倍)


デイトレード
東京金 ・・・319円(1000倍)
東京白金 ・・・416円(500倍)
東京原油 ・・・1330円(50倍)
東京ガソリン ・・・3670円(50倍)
東京ゴム ・・・16.8円(5000倍)


8月度もよろしくお願いします。

本日の相場格言
上げ基点は買い、上げの極点は売り
相場は、世の中の空気が弱気に転じた時は、底値を打って上昇するものです。
その逆に、世の中が高揚し、高騰しそうに思われる時は、必ず下る傾向にあります。
上昇相場では下ることだけを考え、安値相場では上がることだけを考えましょう。

その他情報は、こちらより



2020年7月30日(木)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の上値の重さを背景に伸び悩み、後場はプラスサイドでもみ合って取引を終了している。
先限は前日比31円高の6,636円、出来高は32,524枚。

[白金]
NY安を受けて、反落して始まった。その後はNY時間外安を背景に、マイナスサイドで取引を終了している。
先限は前日比29円安は3,116円、出来高は3,796枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。買い一巡後は追加材料待ちで、全般に動意を欠いたが、終盤にかけて強含み、大半の限月がこの日の高値で取引を終了している。
原油先限は前日は290円高の28,200円、出来高は4,265枚。ガソリン先限は前日比130円高の41,620円、出来高は56枚。

[ゴムRSS3]
上海高を受けて、買いが先行して始まった。上海高の織り込みが一巡した後は伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比3.4円高の164.8円、出来高は7,102枚。

[とうもろこし]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後はシカゴ夜間相場の強含みを眺めた買いに水準を切り上げ、一部限月がプラス圏で取引を終了している。
先限は前日比50円安の22,640円、出来高は83枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
商いは急がず時を待て
売買をする時の焦りは禁物。市場はいつでもあります。
もしも仕掛けるタイミングを逃したと思ったら、次のタイミングまで待ちましょう。

その他情報は、こちらより



2020年7月29日(水)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。買い一巡後は手じまいなどの売りに押され上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比15円高の6,605円、出来高は45,662枚。

[白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外高を受けて、堅調に推移して取引を終了している。
先限は前日比25円高は3,145円、出来高は5,832枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY安を受けて、反落して始まった。その後もNY時間外安を背景に、売り優勢で取引を終了している。
原油先限は前日は460円安の28,910円、出来高は5,562枚。ガソリン先限は前日比30円安の41,490円、出来高は175枚。

[ゴムRSS3]
手掛かり材料難の中、小動きで始まった。その後は上海ゴム相場の引き締まりを背景に、午後は買い優勢となって取引を終了している。
先限は前日比0.5円高の161.4円、出来高は3,075枚。

[とうもろこし]
決め手材料難のなか、方向感なく始まった。その後は期先限月が小口の買いに水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比230円高の22,690円、出来高は129枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
上がるものは下がる
相場は天井知らずにいつまでも上がり続けるものではなく、
必ずいつかは下がるもの。
相場を仕掛ける時は、天井を見極めて、
事前に目標設定しておくことが大切です。

その他情報は、こちらより



2020年7月28日(火)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外高を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比10円高の6,590円、出来高は52,848枚。

[白金]
NY高を受けて、続伸して始まった。その後は利食い売りが膨らみ反落して取引を終了している。
先限は前日比55円安は3,120円、出来高は9,392枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外がドル安を背景に上昇したことを背景に、買い戻し優勢で取引を終了している。
原油先限は前日は500円高の29,370円、出来高は7,778枚。ガソリン先限は前日比720円高の41,520円、出来高は231枚。

[ゴムRSS3]
上海高を受けて、買いが先行して始まった。買い一巡後は戻り売りに押され、上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比2.3円高の160.5円、出来高は3,849枚。

[とうもろこし]
薄商いのなか、小口の買いが先行して始まった。その後はシカゴ夜間相場の下落を背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比10円高の22,460円、出来高は88枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
上がるべき気が尽きれば、自ずから下るところが天性と知れ
上がる理由がほとんどなくなると、そこにネガティブな要因が生まれなくても、
相場を自然に下げる力をはらむのが相場の本質です。

その他情報は、こちらより



2020年7月27日(月)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外高を背景に上げ幅を拡大。後場も堅調に推移し、先限継続足で上場来の高値を大幅に更新して取引を終了している。
先限は前日比183円高の6,580円、出来高は23,431枚。

[白金]
NY高を受けて、買いして始まった。その後もNY時間外高を背景に、終日買い優勢で取引を終了している。
先限は前日比169円高は3,175円、出来高は7,584枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後もNY時間外安や円高を背景に、マイナスサイドで推移して取引を終了している。
原油先限は前日は670円安の28,870円、出来高は5,960枚。ガソリン1月限は前日比660円安の40,660、新甫2月限は40,800円円、出来高は150枚。

[ゴムRSS3]
様子見ムードが強く、方向感を欠いて始まった。その後は円相場の一段の上昇を眺めて売りが優勢となり、軒並みマイナス圏で取引を終了している。
先限は前日比1.4円安の158.2円、出来高は1,682枚。

[とうもろこし]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は先限が小口の売りに押され水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比160円安の22,450円、出来高は120枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
上がり坂あれば下り坂あり
人生は楽あれば苦あり。
良い時もあれば悪い時もあります。
同様に相場においても上がったものは必ず下るというのが鉄則。
処世術と同じで、その転換期を知ることが相場に勝つ秘訣といえます。

その他情報は、こちらより



2020年7月22日(水)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外の堅調を背景に上げ幅を拡大し、買い一巡後は高値圏でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比123円高の6,397円、出来高は52,100枚。

[白金]
NY高を受けて、急伸して始まった。その後はNY時間外の強地合いを眺めて上値を追う場面もあったが、終盤は伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比112円高は3,006円、出来高は10,470枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は米原油在庫増を嫌気し、NY時間外が上値重く推移したのを背景に、もみ合って取引を終了している。
原油先限は前日は430円高の29,540円、出来高は14,024枚。ガソリン先限は前日比840円高の41,320円、出来高は361枚。

[ゴムRSS3]
前日の堅調地合いを受けて、買いが先行して始まった。その後は商品全般の上昇を背景に、強含みに推移して取引を終了している。
先限は前日比0.6円高の159.6円、出来高は4,921枚。

[とうもろこし]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後はシカゴ夜間相場高を眺めた買いに下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比190円安の22,610円、出来高は256枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
我れ事において後悔せず
宮本武蔵「独行道」に登場する一句。すべては自分の責任で行うという自己責任の
認識がなければ、相場も人生もあやふやなものになりかねません。
自分で決断した以上は、たとえ損を伴う結果になったとしても、後悔は少ないはずです。

会員各位
22日(水)はガソリンの納会日です。27日(月)の日中立会より新甫が発会されます。
ガソリンコースの会員様は、27日以降に配信される売買サービス時記載の限月に、ご注意下さいますようお願い申し上げます。


*配信先アドレスのご登録は、携帯とPCといったように最大2つまで可能です。
追加アドレスをご希望の方は、お問合せもしくは会員専用メールアドレスよりお知らせ下さいますようお願いいたします。

その他情報は、こちらより



2020年7月21日(火)

[金]
NYの上昇を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外の強地合いや円相場の軟化を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比35円高の6,274円、出来高は21,004枚。

[白金]
NY高を受けて、買い先行して始まった。その後はNY白金時間外の堅調や円の下落を背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比35円高の2,894円、出来高は4,203枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外のじり高歩調を背景に上げ幅を広げ、大半の限月がこの日の高値で取引を終了している。
原油先限は前日は490円高の29,110円、出来高は10,551枚。ガソリン先限は前日比550円高の40,480円、出来高は160枚。

[ゴムRSS3]
上海高を受けて、買いが先行して始まった。その後は期先は、その後も期中中心に買い戻され、大半の限月がこの日の高値で取引を終了している。
先限は前日比3.7円高の159.0円、出来高は3,866枚。

[とうもろこし]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後もシカゴ夜間相場安を眺めた売りに、期先限月が水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比230円安の22,800円、出来高は149枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
割高に売りなく、割安に買いなし
相場は底値近くでは割高、天井近くでは割安に見えるものです。

その他情報は、こちらより



2020年7月20日(月)

[金]
NYの上昇を受けて、買いが先行して始まった。その後は円相場の軟化を背景に水準を切り上げ、午後は高値圏でもみ合いとなって取引を終了している。
先限は前日比30円高の6,239円、出来高は13,751枚。

[白金]
NY高を受けて、買い優勢で始まった。その後は持ち高調整の買いなどが先行し、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比31円高の2,859円、出来高は3,071枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油の下落を受けて、売りが先行して始まった。その後は手掛かり材料難からもみ合う場面もあったが、NY時間外の底堅さや円相場の軟化を受けて上げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日は150円安の28,620円、出来高は4,825枚。ガソリン先限は前日比200円安の39,930円、出来高は112枚。

[ゴムRSS3]
先週末の上海ゴムの軟化を受けて、売り優勢で始まった。その後は期先は、その後も売り優勢の展開に下げ幅を拡大した。一方、期近は買いが先行し、この日の高値圏で取引を終了している。
先限は前日比1.0円安の155.3円、出来高は1,817枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後は円相場の軟化などを背景に堅調に推移する場面も見られたが、午後では限月間でまちまちな動きとなって取引を終了している。
先限は前日比100円高の23,030円、出来高は123枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
若い相場は目をつぶって買え
底値をついて立ち上がった相場は、すでに売りが出尽くし、
上値にシコリがないことから、多少の乱高下はあっても株価は上昇するものです。
このような理由で、若い相場は目をつむって買えと言われるのです。



重要なお知らせ!

総合取引所への移行について

昨年10月に「東京商品取引所(TOCOM)」が 「日本取引所グループ(JPX)」のグループに加わったことを踏まえまして、 本年7月に「日本取引所グループ(JPX)」下の 「大阪取引所(OSE)」へ、 現在東京商品取引所(TOCOM)で上場されているエネルギー市場以外の商品(貴金属市場、ゴム市場、農産物市場)が移管される予定です。

<移管日について>
2020年7月27日(月)
※7月22日(水)の夜間取引は全商品行われません。
※7月23日(木)・24 日(金)は祝日のため、TOCOM・OSEとも休場です。

<移管される商品>
(貴金属)
金、金ミニ、ゴールドスポット、白金、白金ミニ、プラチナスポット、銀、パラジウム

(ゴム)
ゴム(RSS3)、ゴム(TSR20)

(農産物)
コーン、一般大豆、小豆

その他、不足金の解消方法、証拠金の見直し、ゴム相場の開始時間、サーキットブレーカー、などの変更点がございます。

詳細は、各取引会社のホームページ等でご確認ください。



その他情報は、こちらより



2020年7月17日(金)

[金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY金時間外と円相場が小動きで決め手を欠いたことから、始値付近のもみ合いって取引を終了している。
先限は前日比14円安の6,209円、出来高は24,783枚。

[白金]
円安を受けて、小反発して始まった。その後は持ち高調整の買いなどが先行し、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比25円高の2,828円、出来高は5,533枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の水準切り下げや、為替が円高方向に振れるのを背景に、軟化して取引を終了している。
原油先限は前日は90円安の28,770円、出来高は37,603枚。ガソリン先限は前日比160円安の40,130円、出来高は58枚。

[ゴムRSS3]
手がかり材料待ちの中、小動きで始まった。その後は期近限月が買い戻しなどにしっかりで推移したことを背景に、全般に引き締まって取引を終了している。
先限は前日比0.7円高の156.3円、出来高は3,246枚。

[とうもろこし]
シカゴ高や円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は手掛かりに乏しいなか、寄り値近辺でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比170円高の22,930円、出来高は122枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
論を立て相場の逆を張る人は、論に勝っても相場には負け
相場には理屈で割り切れないことがたくさんあるので、
議論することは意味がありません。
理屈には負けても相場に勝つことを考えなさいということです。

その他情報は、こちらより



2020年7月16日(木)

[金]
決め手材料難から小動きで始まった。その後はNY時間外の軟化を背景に水準を切り下げ、全限月がマイナス圏で取引を終了している。
先限は前日比9円安の6,223円、出来高は19,259枚。

[白金]
NY高を受けて、上伸して始まった。その後はNY時間外の軟調を背景とした売りに押され、大半がこの日の安値で取引を終了している。
先限は前日比18円安の2,803円、出来高は2,521枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外が水準を切り下げるのを背景に、伸び悩んで取引を終了している。
原油先限は前日は80円高の28,860円、出来高は8,843枚。ガソリン先限は前日比60円高の40,290円、出来高は205枚。

[ゴムRSS3]
円高や上海安を受けて、売りが先行して始まった。その後は期先限月が寄り後も弱含みに推移する一方、期近限月は買いが勝り、値位置を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比0.9円安の155.6円、出来高は1,893枚。

[とうもろこし]
円高を受けて、買いが先行して始まった。その後も小口の売りに押され、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比160円安の22,760円、出来高は119枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
連日の続く相場に逆らうな、ついて行くのが儲かる道
相場の上げ下げには素直についていくと、意外とラクに儲かるものです。
相場では体勢に逆らうことは禁物です。

その他情報は、こちらより



2020年7月15日(水)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外と円相場が小動きで決め手を欠く中、もみ合いが続いて取引を終了している。
先限は前日比23円高の6,232円、出来高は21,721枚。

[白金]
小動きで始まった。その後は手掛かり材料難から始値付近で推移して取引を終了している。
先限は前日比2円安の2,821円、出来高は3,452枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は材料難を背景に、小動きで取引を終了している。
原油先限は前日は540円高の28,780円、出来高は14,960枚。ガソリン先限は前日比730円高の40,230円、出来高は176枚。

[ゴムRSS3]
上海ゴムや原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後も株高を背景におおむねしっかりで推移して取引を終了している。
先限は前日比0.2円高の156.5円、出来高は2,624枚。

[とうもろこし]
決め手材料難のなか、方向感なく始まった。その後は薄商いのなか、先限が小口の買いに水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比100円高の22,920円、出来高は148枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
漁師は潮を見る
漁師は潮の流れを見て魚場を探ると言われますが、
投資も同様。相場の流れを見て波に乗らなければなりません。

その他情報は、こちらより



2020年7月14日(火)

[金]
決め手材料難から小動きで始まった。その後はNY時間外の軟調を背景とした売りに押され、2番ぎり以降がマイナス圏で取引を終了している。
先限は前日比5円安の6,209円、出来高は19,368枚。

[白金]
NY安を受けて、反落して始まった。その後はNY時間外の軟化を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比39円安の2,823円、出来高は3,765枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外がいってこいになるのを背景に、もみ合って取引を終了している。
原油先限は前日は550円安の28,240円、出来高は14,670枚。ガソリン先限は前日比820円安の39,500円、出来高は158枚。

[ゴムRSS3]
手掛かり材料難を受けて、小動きで始まった。その後も仕掛け難の中で動意を欠いたが、次第に上海ゴム相場の弱地合いを受けて売りが優勢となって取引を終了している。
先限は前日比0.5円安の156.3円、出来高は2,003枚。

[とうもろこし]
方向感なく始まった。その後も手掛かりに乏しいなか、寄り値近辺でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比60円安の22,820円、出来高は186枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
利は元にあり
大きな利益を得るためには、大きな資金が必要だということ。
資金に余裕をもって参加すれば、いざという時も冷静に対処できます。

その他情報は、こちらより



2020年7月13日(月)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外の堅調地合いを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比29円高の6,214円、出来高は20,584枚。

[白金]
NY高を受けて、反発して始まった。その後はNY時間外の上伸を眺めて水準を切り上げ、全般がこの日の高値圏で取引を終了している。
先限は前日比50円高の2,862円、出来高は3,025枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はもみ合ったが、終盤にかけては買い意欲が強まり、水準を切り上げて取引を終了している。
原油先限は前日は890円高の28,790円、出来高は75,565枚。ガソリン先限は前日比770円高の40,320円、出来高は186枚。

[ゴムRSS3]
上海高や原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後は株高などを眺めた買いに支えられ、プラス圏でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比1.7円高の156.8円、出来高は1,988枚。

[とうもろこし]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後もシカゴ夜間相場安を背景に、軟調に推移して取引を終了している。
先限は前日比510円安の22,880円、出来高は382枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
利乗せは最後にやられる
深追いや欲張りは禁物という意味。資金に余裕があるからといって下値で買い増して、
さらに大きな儲けを狙おうとすれば、裏目に出ることもあります。十分な注意が必要です。

その他情報は、こちらより



2020年7月10日(金)

[金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY金時間外の軟化や円相場の引き締まりを背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比75円安の6,185円、出来高は27,740枚。

[白金]
NY安を受けて、売り優背で始まった。その後はNY金時間外の軟調地合いや円の上昇を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比90円安の2,812円、出来高は6,285枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油の大幅下落を受けて、軒並み売りが先行して始まった。その後はNY原油時間外の水準切り下げや円相場の上昇を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日は950円安の27,900円、出来高は72,366枚。ガソリン先限は前日比420円安の39,550円、出来高は325枚。

[ゴムRSS3]
上海安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円相場の上昇、上海相場の軟調地合いを背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比2.5円安の155.1円、出来高は3,308枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、買い優勢で始まった。その後はシカゴ夜間相場の下落と円相場の堅調を背景に、軟調に推移して取引を終了している。
先限は前日比130円安の23,390円、出来高は302枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
理屈に負けて相場に勝て
相場で儲けるためには、理屈を超えることが大切です。


相場には勝った負けたは付き物です。勝ち負けだけで相場をやっているのであれば、そのうち偶然にも一度くらいは大きな利益をだすことも経験されると思います。しかし一度の利益を出すことは誰でも簡単なことではございますが、最終的に資金を増やすことは容易ではございません。相場を投資としてやる以上は、資産を残し財産を築きあげていかなければ意味はありません。
相場の世界では、常に勝ち続け ている投資家は1割もいないといわれています。9割近くの投資家達は1年と経たずに相場の世界から消え去っているのが実情です。
当サイトのシステムでは、目先の利益にはとらわ れず、大切な資産を残していくためにも年間プログラムを取り入れております。当然ながら短期間ではマイナスがでることもあります。しかし長い目で見た場合に、最終的には過去で実証されていますように、必ずといってよいほど年間成績はある平均値以上の結果を残すことが出来ます。
本格的な資産運用としてご紹介させていただいているため、独自のマネーマネジメントを取り入れております。
当たった、ハズれたの相場をやっていても意味はありません。
資産運用として真剣にお考えなのであれば、1ヶ月よりも当然ながら、半年、1年・・・と長期での運用の方が効果もかなり大きくなります。
実際に実感していただくためにも、なるべく長く運用するこ とをお勧めいたします。
そうすることによって、今まで味わったことのない喜びを感じて頂けるはずです。




その他情報は、こちらより



2020年7月9日(木)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外の堅調地合いを背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比59円高の6,260円、出来高は26,799枚。

[白金]
NY高を受けて、続伸して始まった。その後は決め手材料難から始値付近で推移する場面もあったが、大引けにかけて手じまい売りなどに押され、上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比11円高の2,902円、出来高は5,646枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外が方向感なく推移するのを背景に、もみ合って取引を終了している。
原油先限は前日は50円高の28,850円、出来高は74,218枚。ガソリン先限は前日比50円安の39,970円、出来高は174枚。

[ゴムRSS3]
上海高を受けて、買いが先行して始まった。その後は買い一服とともに戻り売りに押されて上げ幅を縮小、大半の限月がこの日の安値で取引を終了している。
先限は前日比0.4円高の157.6円、出来高は2,235枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後は手掛かりに乏しいなか、寄り値近辺でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比80円高の23,520円、出来高は131枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
利食いに迷わば半手仕舞い
利益を出している相場で、全玉手仕舞いするかどうか迷った場合は、
後々の心残りにならないよう、半分だけ利食いして、半分残しておく
のもひとつの手です。

その他情報は、こちらより



2020年7月8日(水)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外と円相場が小動きで決め手を欠いたことから、始値付近でのもみ合いが続いて取引を終了している。
先限は前日比32円高の6,201円、出来高は23,737枚。

[白金]
NY高を受けて、続伸して始まった。その後はNY時間外の堅調地合いを背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比49円高の2,891円、出来高は4,761枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の高下を背景に、小幅レンジでもみ合って取引を終了している。
原油先限は前日は270円高の28,800円、出来高は72,721枚。ガソリン先限は前日比220円高の40,020円、出来高は161枚。

[ゴムRSS3]
様子見ムードが強く、小動きで始まった。その後も円相場、上海ゴム相場ともに動意を欠いたことで商いは見送られ、小幅な値動きにとどまって取引を終了している。
先限は前日比0.2円安の157.2円、出来高は1,941枚。

[とうもろこし]
方向感なく始まった。その後はシカゴ夜間相場の弱含みを背景に、期先限月が水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比40円安の23,440円、出来高は152枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
利食い腰は強く、引かれ腰は弱く
利益が出ている時は、できる限りこの状態を長く保ち続けること。
一方、損をしている時の躊躇は禁物。早く見切りをつけて手仕舞いしましょう。

その他情報は、こちらより



2020年7月7日(火)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外と円相場が小動きで決め手を欠いたことを背景に、始値付近のもみ合いが続いて取引を終了している。
先限は前日比28円高の6,169円、出来高は12,361枚。

[白金]
NY高を受けて、続伸して始まった。その後はNY時間外の堅調地合いを眺めて上げ幅を拡大する場面もあったが、終盤は伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比27円高の2,842円、出来高は3,156枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
円高を受けて、小反発して始まった。その後はNY時間外が水準を切り下げるのを背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日は370円安の28,530円、出来高は70,789枚。ガソリン先限は前日比290円安の39,800円、出来高は191枚。

[ゴムRSS3]
小幅まちまちで始まった。その後は期先にややまとまった買いが入ったのを機に全般に水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比0.6円高の157.4円、出来高は2,979枚。

[とうもろこし]
中国向け米国産穀物需要の回復期待が高まったことを受けて、買いが先行して始まった。その後は米中対立を背景とした中国への輸出減少懸念などを背景に期先3本はマイナス圏で取引を終了している。
先限は前日比110円安の23,480円、出来高は183枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
利食い急ぐな、損急げ
利食いよりも損切りの方が重要だということ。上げ相場の場合は、一時的に下っても、
儲け幅が多少減るだけで済みますが、損切りできない状態でいると、どんどん損失が
膨らむばかりです。

その他情報は、こちらより



2020年7月6日(月)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外の軟化を背景とした売りに値を消し、期先2限月がマイナス圏に沈んで取引を終了している。
先限は前日比1円安の6,141円、出来高は8,600枚。

[白金]
NY高を受けて、小反発して始まった。その後は円相場の軟化やNY時間外の底堅さを背景に、上げ幅を拡大し取引を終了している。
先限は前日比22円高の2,815円、出来高は2,198枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外の水準切り上げを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日は410円高の28,900円、出来高は16,074枚。ガソリン先限は前日比1,190円高の40,090円、出来高は404枚。

[ゴムRSS3]
小口のポジション調整で小甘始まった。その後は円相場の軟化を支えに下げ渋り、上海ゴム相場や内外の株高を眺め、終盤にかけて水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比1.2円高の156.8円、出来高は2,612枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後も円相場の弱含みやシカゴ夜間相場高を背景に、堅調に推移して取引を終了している。
先限は前日比370円高の23,590円、出来高は223枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
理屈上手の商い下手
世の中には頭の良い人が沢山いますが、いくら話の筋が通っていたとしても、
生きている経済を相手にしていると、理屈通りには行かないものです。
それは相場の世界でも同じこと。
「予想上手の馬券下手」という競馬の世界にも同じような格言があります。

その他情報は、こちらより



2020年7月3日(金)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は決め手材料難からもみ合ったが、NY金時間外の軟化を背景に上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比26円高の6,142円、出来高は18,777枚。

[白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外の軟調を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比23円安の2,793円、出来高は2,796枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は円相場、NY時間外ともに動意を欠き、狭い範囲でもみ合って取引を終了している。
原油先限は前日は240円高の28,490円、出来高は13,507枚。ガソリン先限は前日比110円安の38,900円、出来高は209枚。

[ゴムRSS3]
小口の買い持ちのポジション調整を受けて、軟調に始まった。売り一巡後は、上海ゴム相場の上昇を眺めて買いが優勢となり、プラス圏で取引を終了している。
先限は前日比0.2円高の155.6円、出来高は2,577枚。

[とうもろこし]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後は手掛かりに欠けるなか、寄り値近辺でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比130円安の23,220円、出来高は396枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
利が乗れば売り重ね、買い増しこそ大事なり
底を買ったつもりが、上げ足のうちに下げ押し目になることがあります。
高値のうちに売っておけば良かったと後悔しがちですが、これこそ絶好の機会と考えるべきです。
買いに利が乗れば買い増して、売り方の踏みが出るまで手仕舞いしないことが肝心です。

その他情報は、こちらより



2020年7月2日(木)

[金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY金時間外の軟調を背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比66円安の6,116円、出来高は33,936枚。

[白金]
NY安を受けて、大幅反落して始まった。その後は持ち高調整の売りなどに押され、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比59円安の2,816円、出来高は7,114枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外の水準切り上げを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日は270円高の28,250円、出来高は9,368枚。ガソリン先限は前日比240円高の39,010円、出来高は155枚。

[ゴムRSS3]
手掛かりを欠き、小動きで始まった。その後は上海ゴム相場の上昇を眺めて水準を切り上げ、プラス圏でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比1.0円高の155.4円、出来高は3,244枚。

[とうもろこし]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後は手じまいなど売りが優勢となり、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比40円安の23,350円、出来高は356枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
利食い金には休養を
相場とは不思議なもので、大きく儲かった後は大きく損するものです。
利益で気が大きくなり、売買が荒くなるせいかもしれませんが、
ここで一度冷静になることが大切だといっています。

その他情報は、こちらより



2020年7月1日(水)

[金]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はもみ合ったが、NY時間外の堅調地合いや円の軟化を背景に終盤に上げ幅を拡大し、大半がこの日の高値で取引を終了している。
先限は前日比40円高の6,182円、出来高は29,236枚。

[白金]
円安を受けて、続伸して始まった。その後は円の下落を眺めて水準を切り上げる場面もあったが、大引けにかけて伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比57円高の2,875円、出来高は6,891枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油の上昇を受けて、軒並み買いが先行して始まった。その後はNY時間外の水準切り下げる一方、為替相場は円安・ドル高に振れ、強弱材料が交錯する中で、もみ合って取引を終了している。
原油11月限は前日は120円安の27,770円、新甫12月限は27,980円、出来高は8,237枚。ガソリン先限は前日比20円高の38,770円、出来高は152枚。

[ゴムRSS3]
円安や石油相場の上昇などを受けて、買いが先行して始まった。その後は戻り売りにマイナス圏に沈む場面もあったが、上海ゴム高を支えに切り返し、堅調に推移して取引を終了している。
先限は前日比0.1円安の154.4円、出来高は3,672枚。

[とうもろこし]
シカゴ高や円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は手掛かりに乏しいなか、寄り値近辺でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比600円高の23,390円、出来高は521枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
濫觴(らんしょう)軽んずるなかれ
物事の初めや起源を軽視してはいけないということの喩え。
最初は小さな動きでも、いずれ大きな動きに変わるものだから、
注意を怠らないようにしましょう。

その他情報は、こちらより



2020年6月30日(火)

[金]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はもみ合ったが、NY時間外の堅調地合いや円の軟化を背景に終盤に上げ幅を拡大し、大半がこの日の高値で取引を終了している。
先限は前日比30円高の6,142円、出来高は19,710枚。

[白金]
円安を受けて、続伸して始まった。その後は円の下落を眺めて水準を切り上げる場面もあったが、大引けにかけて伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比38円高の2,818円、出来高は4,666枚。

[ドバイ原油・バージガソリン]
NY原油の上昇を受けて、軒並み買いが先行して始まった。その後はNY時間外の水準切り下げる一方、為替相場は円安・ドル高に振れ、強弱材料が交錯する中で、もみ合って取引を終了している。
原油先限は前日は1,290円高の27,770円、出来高は17,118枚。ガソリン先限は前日比1,750円高の38,750円、出来高は304枚。

[ゴムRSS3]
円安や石油相場の上昇などを受けて、買いが先行して始まった。その後は戻り売りにマイナス圏に沈む場面もあったが、上海ゴム高を支えに切り返し、堅調に推移して取引を終了している。
先限は前日比0.5円高の154.5円、出来高は5,618枚。

[とうもろこし]
シカゴ高や円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は手掛かりに乏しいなか、寄り値近辺でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比480円高の22,790円、出来高は388枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
楽々と儲かる時は気を抜くな、千載一遇この時にあり
相場にはいつも大儲けのチャンスがあるわけではありません。
楽々と儲かる時は絶好のチャンスに恵まれているということ。
だからこそ、常に注意を研ぎ澄ませて、このチャンスをつかむ努力をすることが大切です。



今月も皆様お疲れさまでした。


以下は、6月度の各コースの獲得利益幅です。

スイングトレード
東京金 ・・・-138円(1000倍)
東京白金 ・・・552円(500倍)
東京原油 ・・・2300円(50倍)
東京ガソリン ・・・6830円(50倍)
東京ゴム ・・・35.9円(5000倍)
東京コーン ・・・1770円(50倍)


デイトレード
東京金 ・・・609円(1000倍)
東京白金 ・・・456円(500倍)
東京原油 ・・・5820円(50倍)
東京ガソリン ・・・-1460円(50倍)
東京ゴム ・・・28.3円(5000倍
)


7月度もよろしくお願いします。


その他情報は、こちらより