商品先物取引 売買指針サービス En-Rich

En-Rich

スイング、デイトレ 相場リアルタイム配信!

金 白金 原油 ガソリン ゴム とうもろこし 大豆

トップページ ごあいさつ サービス概要 過去の実績 マーケット情報 よくある質問 お問い合わせ


 トップページ >  本日の相場
入会お申込み
ログイン 会員専用ページ

無料サービス!ご登録はこちら
会員様の声
サービス概要
過去の実績
本日の相場
マーケット情報
よくある質問
 


2018年1月19日(金)

[東京金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY相場の戻り歩調を背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比3円安の4,736円、出来高は29,873枚。

[東京白金]
NY高を受けて、続伸して始まった。その後は頭は重く、上げ幅を抑えられて取引を終了している。
先限は前日9円高の3,564円、出来高は14,372枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油安を受けて、下落して始まった。その後もNY時間外の弱含みや円の引き締まりを背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比660円安の44,600円、出来高は13,963枚。ガソリン先限は前日比820円安の60,730円、出来高は23,611枚。

[東京ゴム]
上海安や円高を受けて、売りが先行して始まった。その後も上海相場の弱含み、円相場の一段の上昇を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比2.8円安の209.2円、出来高は4,908枚。

[東京コーン]
シカゴ安を受けて、小反落して始まった。その後はシカゴの堅調推移を背景に、切り返す限月が相次いで取引を終了している。
先限は前日比40円高の22,360円、出来高は729枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
安値圏での悪材料発表は買い
大底値になるのは悪材料が積み重なり、買い気も低い沈滞ムードの時。
そんな時は売り方の買い戻しが先行して相場が上がりやすくなります。
つまり、「売り材料出尽くし」で強気買いが入りやすくなるということです。

その他情報は、こちらより。



2018年1月18日(木)

[東京金]
NY安と円安を受けて、小幅まちまちで始まった。その後はNY金時間外相場の軟化を背景に、4月きり以降がマイナスサイドに沈んで取引を終了している。
先限は前日比2円安の4,739円、出来高は29,436枚。

[東京白金]
NY高と円の軟化を受けて、続伸して始まった。その後はNY白金時間外が軟調に推移したことを背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日15円高の3,555円、出来高は12,189枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高と円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は円相場の引き締まり、NY時間外取引の軟化を背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。
原油先限は前日比290円高の45,260円、出来高は16,691枚。ガソリン先限は前日比400円高の61,550円、出来高は2,630枚。

[東京ゴム]
円安を受けて、小反発して始まった。その後は上海ゴム相場の水準切り上げを背景に、堅調に推移して取引を終了している。
先限は前日比2.5円高の212.0円、出来高は4,837枚。

[東京コーン]
シカゴ高と円安を受けて、買いが先行して始まった。その後もシカゴの底堅い展開を背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比320円高の22,320円、出来高は1,125枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
安くとも高値覚えで買い建てるな、時の事情を深く考えよ
安いからといって飛びつくのは失敗のもと。
安い時は安いだけの理由があるので、
まだまだ下値になる可能性もあるということです。
状況に応じた冷静な判断が必要です。

相場には勝った負けたは付き物です。勝ち負けだけで相場をやっているのであれば、そのうち偶然にも一度くらいは大きな利益をだすことも経験されると思います。しかし一度の利益を出すことは誰でも簡単なことではございますが、最終的に資金を増やすことは容易ではございません。相場を投資としてやる以上は、資産を残し財産を築きあげていかなければ意味はありません。
相場の世界では、常に勝ち続け ている投資家は1割もいないといわれています。9割近くの投資家達は1年と経たずに相場の世界から消え去っているのが実情です。
当サイトのシステムでは、目先の利益にはとらわ れず、大切な資産を残していくためにも年間プログラムを取り入れております。当然ながら短期間ではマイナスがでることもあります。しかし長い目で見た場合に、最終的には過去で実証されていますように、必ずといってよいほど年間成績はある平均値以上の結果を残すことが出来ます。
本格的な資産運用としてご紹介させていただいているため、独自のマネーマネジメントを取り入れております。
当たった、ハズれたの相場をやっていても意味はありません。
資産運用として真剣にお考えなのであれば、1ヶ月よりも当然ながら、半年、1年・・・と長期での運用の方が効果もかなり大きくなります。
実際に実感していただくためにも、なるべく長く運用するこ とをお勧めいたします。
そうすることによって、今まで味わったことのない喜びを感じて頂けるはずです。


その他情報は、こちらより。



2018年1月17日(水)

[東京金]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は円相場の引き緩みを背景に、下げ幅を縮めたものの、NY時間外が軟調に推移したことから、全限月がマイナスサイドで取引を終了している。
先限は前日比24円安の4,741円、出来高は42,329枚。

[東京白金]
円の引き締まりを受けて、反落して始まった。その後はNY時間外の戻りを背景に一時水準を切り上げたが、再びNY時間外が軟化したことから、上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日4円高の3,540円、出来高は18,072枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油安と円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は円相場の軟化を背景に、やや下げ幅を縮めて取引を終了している。
原油先限は前日比510円安の44,970円、出来高は29,919枚。ガソリン先限は前日比500円安の61,150円、出来高は2,038枚。

[東京ゴム]
欧米原油安と円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は上海ゴム相場の頭重さに圧迫されたことを背景に、軟調に推移して取引を終了している。
先限は前日比3.4円安の209.5円、出来高は7,904枚。

[東京コーン]
シカゴ高と円高を受けて、期近安の期先高て始まった。その後は目立った材料がない中でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比60円安の22,000円、出来高は446枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
戻り待ちに戻りなし
相場が下降した場合、戻ったら売ろうと待ち構えていると、
なぜか相場は戻らないものです。
戻りを待っているうちに、売る機会を逃さないように注意しましょう。

その他情報は、こちらより。



2018年1月16日(火)

[東京金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円相場の軟化を背景に、下げ渋って取引を終了している。
先限は前日比6円安の4,765円、出来高は26,959枚。

[東京白金]
NY安を受けて、反落して始まった。その後は下値で買いがみられたことを背景に、下げは限定的で取引を終了している。
先限は前日12円安の3,536円、出来高は8,087枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後は円相場の軟化を背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
原油先限は前日比190円高の45,480円、出来高は28,001枚。ガソリン先限は前日比230円高の61,650円、出来高は1,881枚。

[東京ゴム]
円相場の引き締まりを受けて、買いが先行して始まった。その後は上海ゴム相場の下落が重しとなり、終盤にかけて下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比1.9円安の212.9円、出来高は5,300枚。

[東京コーン]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後はシカゴ相場の堅調推移や円の軟化を背景に、全限月がプラス圏に浮上したものの、大引けにかけて期先中心に再び値を消して取引を終了している。
先限は前日比20円安の22,060円、出来高は695枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
保合中の売買は一瞬で決せよ
相場の保ち合い時には、迷いが生じがちですが、
底上げ軌道に入った保ち合いは逆に買うべきです。
天井に到達しない相場は、まだ上昇する可能性があるため、
決断する勇気が成功へとつながる鍵です。

配信先アドレスのご登録は、携帯とPCといったように最大2つまで可能です。
追加アドレスをご希望の方は、お問合せもしくは会員専用メールアドレスよりお知らせ下さいますようお願いいたします。


相場で一時的にマイナスが出てしまうことは、当然ございます。
また、一発で儲けようとすることもかなり無理がございます。
簡単なことのようでとても難しいことではございますが、一番はコツコツ継続することが成功への道へと繋がるのです。
その時々の利益は小さいかもしれませんが、相場で勝ち続けるためには、この小さなものの積み重ねがとても重要なのです。
先々で、きっと大きなものに変わります。

その他情報は、こちらより。



2018年1月15日(月)

[東京金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外高を背景に、引けにかけて上げ幅を拡大、この日の高値圏で取引を終了している。
先限は前日比30円高の4,771円、出来高は42,598枚。

[東京白金]
小幅まちまちで始まった。その後はNY時間外相場の切り返しを背景に、引けにかけ水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日18円高の3,548円、出来高は19,165枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後は米欧相場の先高期待と円相場の引き締まりの強弱両材料が綱引きとなる中、もみ合ったまま取引を終了している。
原油先限は前日比460円高の45,290円、出来高は36,023枚。ガソリン先限は前日比330円高の61,420円、出来高は2,544枚。

[東京ゴム]
円相場の引き締まりを受けて、小反落して始まった。その後は上海相場の堅調地合いを背景に買われ、全限月がプラスサイドに浮上して取引を終了している。
先限は前日比4.3円高の214.8円、出来高は9,180枚。

[東京コーン]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円高基調を背景に、軟調に推移して取引を終了している。
先限は前日比120円安の22,080円、出来高は515枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
保合相場で大玉の仕掛けは禁物
中間の保ち合い相場は、本当の上げ下げ相場ではなく、小幅に振幅するため
大玉売買は現金です。この売買はその動きの中ですぐ処置しなければ、後に
損失を招くことになりかねません。

先物ニュース!
2017年12月の概況及び 2017年年間取引高について
2017年12月の全商品合計一日平均取引高は98,097枚、前月比4.3%増加
詳しくはこちらをご覧ください。

年末年始限定-先物キャンペーン!
その他情報は、こちらより。



2018年1月12日(金)

[東京金]
円の上昇を受けて、反落して始まった。その後は堅調なNY時間外を背景に、軒並みプラスサイドに浮上して取引を終了している。
先限は前日比16円高の4,741円、出来高は33,341枚。

[東京白金]
NY高を受けて、続伸して始まった。その後はNY時間外取引の堅調な展開を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日52円高の3,530円、出来高は15,181枚。

[東京原油・東京ガソリン]
円高を受けて、売りが先行して始まった。売り一巡後はポジション整理の買いに支えられる場面もあったが、NY時間外の軟化を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比390円安の44,830円、出来高は28,811枚。ガソリン先限は前日比440円安の61,090円、出来高は2,087枚。

[東京ゴム]
欧米原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後は週末を控え、利益確定の買いが優勢となり、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比3.6円高の210.5円、出来高は6,595枚。

[東京コーン]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後はシカゴ相場と為替がともに動意を欠く中、狭いレンジで推移し取引を終了している。
先限は前日比50円安の22,200円、出来高は295枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
儲けて破産した者はない
森鴎外の小説『高瀬舟』に、こんな一節があります。
「庄兵衞は只漠然と、人の一生といふやうな事を思つて見た。人は身に病があると、
此病がなかつたらと思ふ。其日其日の食がないと、食つて行かれたらと思ふ。
萬一の時に備へる蓄がないと、少しでも蓄があつたらと思ふ。蓄があつても、
又其蓄がもつと多かつたらと思ふ。此の如くに先から先へと考へて見れば、
人はどこまで往つて踏み止まることが出來るものやら分からない」。
つまりこの格言は、己の分をわきまえて、
あまり欲張るべきではないと説いています。

1月度 総じてスイング好調
特に225、白金、ゴム、ガソリンが好調な出だし!!
来週以降面白い展開に!
注目は○○!



同システムでは、厚張りを守り、複数コースでの運用を行うことで資産を順調に増やすことが可能です。
複数での運用は資産を守りながら、利益を追求できます。

大チャンス!

メール限定でお送りした特別プレゼント枠に空きが出ました!
今回の募集は2名だけです。


★特別プレゼントの内容★
☆ご新規・ご継続/全コース☆
1ヶ月コース…3割引
3ヶ月コース…3割引
6ヶ月コース…4割引
12ヶ月コース…5割引


募集枠はすぐになくなりますのでご希望の方はお問合せしてからご応募ください。
尚、ご入金先着順とし、キャンペーン終了日の15日までといたします。

*プレゼント枠に達し次第、現行のキャンペーンが適用となります。

年末年始限定-先物キャンペーン!
その他情報は、こちらより。



2018年1月11日(木)

[東京金]
円の上昇を受けて、続落して始まった。その後はNY時間外の戻りを背景に、水準を切り上げ全限月がプラスサイドに浮上して取引を終了している。
先限は前日比11円高の4,725円、出来高は49,493枚。

[東京白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後も円の軟化などを背景に、買いが継続し取引を終了している。
先限は前日28円高の3,478円、出来高は15,956枚。

[東京原油・東京ガソリン]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は円の上昇の一服、NY時間外の底堅い動きを背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。
原油先限は前日比280円安の45,220円、出来高は24,789枚。ガソリン先限は前日比130円安の61,530円、出来高は2,410枚。

[東京ゴム]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は上海相場の水準切り上げを背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比0.5円安の206.9円、出来高は3,837枚。

[東京コーン]
円高を受けて、下落して始まった。その後は円の軟化やシカゴの下げ渋りを背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比20円高の22,250円、出来高は345枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
目に強変を見て心に強変の淵に沈むことなかれ、ただ心に売りを含むべし
江戸時代に米相場で成功した滋雲斎牛田権三郎の著書『三猿金泉秘録』の一言。
三猿とは「見(猿)ざる、聞か(猿)ざる、言は(猿)ざる」で、ここでの言葉は「見ざる」のこと。
相場が上昇して大商いになると、つい強気になりがちですが、そういう時こそ冷静な姿勢が
必要と説いています。


同システムでは、厚張りを守り、複数コースでの運用を行うことで資産を順調に増やすことが可能です。
複数での運用は資産を守りながら、利益を追求できます。


大チャンス!

メール限定でお送りした特別プレゼント枠に空きが出ました!
今回の募集は2名だけです。


★特別プレゼントの内容★
☆ご新規・ご継続/全コース☆
1ヶ月コース…3割引
3ヶ月コース…3割引
6ヶ月コース…4割引
12ヶ月コース…5割引


募集枠はすぐになくなりますのでご希望の方はお問合せしてからご応募ください。
尚、ご入金先着順とし、キャンペーン終了日の15日までといたします。

*プレゼント枠に達し次第、現行のキャンペーンが適用となります。

年末年始限定-先物キャンペーン!
その他情報は、こちらより。



2018年1月10日(水)

[東京金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円相場の引き締まりやNY時間外安を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比49円安の4,714円、出来高は82,192枚。

[東京白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円高一服を受けて下げ一服となったが、ドル建て現物相場の戻りが売られたことを受けて軟調となって取引を終了している。
先限は前日36円安の3,450円、出来高は44,734枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後は円相場の上昇を背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。
原油先限は前日比500円高の45,500円、出来高は105,846枚。ガソリン先限は前日比390円高の61,660円、出来高は11,479枚。

[東京ゴム]
欧米原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後上海ゴム相場の底堅さを背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比1.5円高の207.4円、出来高は23,594枚。

[東京コーン]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後はめぼしい材料が見当たらない中、日中始値付近でのもみ合いが続いて取引を終了している。
先限は前日比40円高の22,230円、出来高は8,798枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
目先戦は大怪我のもと
目先相場での仕掛けは禁物。
多勢の方向に従って売買の肩張りに仕掛けるべきです。
見込み通りに上昇したら欲を出さずに利食いし、見込みが外れたら見切りするなど、
相場の動きをじっくり観察することです。


年末年始限定-先物キャンペーン!
その他情報は、こちらより。



2018年1月9日(火)

[東京金]
円相場の緩みを受けて、続伸して始まった。その後はNY時間外の軟化と円相場の引き締まりを背景に、下落して取引を終了している。
先限は前日比17円安の4,763円、出来高は82,148枚。

[東京白金]
円の軟化とNY高を受けて、続伸して始まった。その後はNY時間外の下落と円の引き締まりを背景に、水準を切り下げ、一部はマイナスサイドに沈んで取引を終了している。
先限は前日0円の3,486円、出来高は44,905枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高を受けて、続伸して始まった。その後は円相場の引き締まりを眺背景に上げ幅を縮小し、期近2限月がマイナスサイドに沈んで取引を終了している。
原油先限は前日比40円高の45,000円、出来高は105,946枚。ガソリン先限は前日比310円安の61,270円、出来高は11,275枚。

[東京ゴム]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後上海相場の軟調を背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比1.1円高の205.9円、出来高は23,805枚。

[東京コーン]
シカゴ安を受けて、反落して始まった。その後は上海ゴム相場の底堅さを背景に、おおむねしっかりに推移して取引を終了している。
先限は前日比20円安の22,190円、出来高は8,833枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
麦わら帽子は冬に買え
ウォール街の有名な格言で、「人が注目する前に買え」と言うことです。
言うのは簡単ですが実際は難しいもの。
だから、他人と違うことをする勇気を持ちなさいという教えでもあるのです。

年末年始限定-先物キャンペーン!
その他情報は、こちらより。



2018年1月5日(金)

[東京金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は円相場の軟化を背景に、やや水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比50円高の4,780円、出来高は83,034枚。

[東京白金]
NY高を受けて、続伸して始まった。その後は円相場の軟化を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日59円高の3,486円、出来高は45,768枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高と円安を受けて、小高く始まった。その後は利益確定の売りが優勢となり、軒並みマイナス圏に沈んだが、円相場の一段の軟化を背景に、次第に水準を切り上げ取引を終了している。
原油先限は前日比10円高の44,960円、出来高は106,122枚。ガソリン先限は前日比10円安の61,580円、出来高は10,938枚。

[東京ゴム]
決め手材料を受けて、小動きで始まった。その後上海相場の軟調を背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比2.1円安の204.8円、出来高は23,939枚。

[東京コーン]
シカゴ安を受けて、反落して始まった。その後は円相場の軟化を背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比30円高の22,210円、出来高は8,840枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
三日待つべし
日々動きを眺めていた相場に売買のチャンスが到来したら、
心がはやるのは当然です。
しかし、こんな時でも三日待って相場の動きをさらに観察すべきです。

年末年始限定-先物キャンペーン!
その他情報は、こちらより。



2018年1月4日(木)


あけましておめでとうございます!

旧年中は格別のお引立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

お陰様で新たなるステップにたつことができました。
本年も、当サイトのモットーである「お客様の資産が豊かに!お客様とのご縁を大切に!」を合い言葉に更に前進する決意です。


皆様にさらにご満足いただけるよう、本年もスタッフ一同頑張りますので従来同様のご愛顧、ご支援を賜りますようよろしくお願いいたします。


引き続き、先物キャンペーンを開催しております。
ご参加まだの方はお待ち申し上げます。



[東京金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は利食い売りをこなしながら堅調に推移したことを背景に、6営業日続伸して取引を終了している。
先限は前日比45円高の4,730円、出来高は86,983枚。

[東京白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY白金時間外安を背景に、上げ幅を縮縮小して取引を終了している。
先限は前日61円高の3,427円、出来高は51,825枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高を受けて、続伸して始まった。その後はNY時間外取引の上昇が一服したことから、高値付近でもみ合って取引を終了している。
原油5月限は前日比880円高の45,210円、新甫6月限は44,950円、出来高は106,302枚。ガソリン先限は前日比740円高の61,590円、出来高は10,941枚。

[東京ゴム]
決め手材料難を受けて、ポジション整理の買いが先行して始まった。買い一巡後は決め手を欠き、狭い値幅でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比0.2円高の206.9円、出来高は23,721枚。

[東京コーン]
決め手難を受けて、方向感を欠いて始まった。その後はシカゴが底堅く推移したことを背景に、水準をやや切り上げて取引を終了している。
先限は前日比170円高の22,180円、出来高は8,905枚。

本日の相場格言
見切りを早まるとも、断じて遅らすなかれ
相場の流れが変わったと感じたら、素早く見切りすること。
決して遅らせてはいけません。



年末年始限定-先物キャンペーン!
その他情報は、こちらより。



2017年12月29日(金)


いつもありがとうございます。


2017年度も無事終了となります。

今年は、ガソリンと日経225先物がかなり好調でした。
単一コースで数千万円単位で増やされていた方もいらっしゃるようです。

商品相場全コースの年間総合利益
10,274,000円

日経225先物の年間総合利益
9,280,000円

全コース年間総合利益
19,554,000円



2018年度は大発会直前にシステムメンテナンスを実施しますので、各コースよりパワーアップしたパフォーマンスが期待できます。
是非ともご期待ください!



以下は、12月度の獲得利益幅です。

スイングトレード
東京金 ・・・222 (1000倍)
東京白金 ・・・-448 (500倍)
東京原油 ・・・3,990 (50倍)
東京ガソリン ・・・5,350 (50倍)
東京ゴム ・・・7.6 (5000倍)
東京コーン ・・・480 (50倍)

日経225先物 ・・・630 (ラージ1000倍、ミニ100倍)


デイトレード
東京金 ・・・75 (1000倍)
東京白金 ・・・323 (500倍)
東京原油 ・・・3,810 (50倍)
東京ガソリン ・・・6,190 (50倍)
東京ゴム ・・・6.1 (5000倍)




本年中のご愛顧に心より御礼申し上げますとともに、来年も変わらぬお引き立てのほどよろしくお願い申し上げます。

皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。



その他情報は、こちらより。



2017年12月28日(木)

[東京金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY相場の水準切り上げを背景に、上げ幅を拡大したが、大引けにかけて為替の円高基調を眺め伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比26円高の4,677円、出来高は43,827枚。

[東京白金]
NY高を受けて、小反発して始まった。その後もNY白金時間外取引高を受けて、買い優勢で取引を終了している。
先限は前日9円高の3,360円、出来高は15,604枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高を受けて、上伸して始まった。その後はNY時間外がしっかりしていることから、堅調に推移したが、終盤にかけて為替相場が円高に振れたことを背景に、一部の限月はマイナスサイドに沈んで取引を終了している。
原油先限は前日比20円高の44,030円、出来高は10,311枚。ガソリン先限は前日比80円高の60,520円、出来高は2,754枚。

[東京ゴム]
上海安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円相場の上昇を眺めた売りに押され、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比2.2円安の209.6円、出来高は9,512枚。

[東京コーン]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後は年末を控えて様子見ムードが強まる中、狭い範囲での動きが続いて取引を終了している。
先限は前日比70円高の22,060円、出来高は773枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
まだ早いが遅くなる
相場は常に動いています。チャンスと思った時に行動をしなければ、
せっかくの仕掛けや仕切りのタイミングを見失いかねません。

年末年始限定-先物キャンペーン!のお知らせ

ご好評の先物キャンペーンを開催させていただきます。
2018年へ向けてのビッグチャンスを掴み取りましょう!!


年末年始限定-先物キャンペーン!



2017年12月27日(水)

[東京金]
NY高を受けて、続伸して始まった。その後はNY時間外相場と為替がともに動意を欠く中、手掛かり材料難からもみ合いが続いて取引を終了している。
先限は前日比5円高の4,651円、出来高は24,803枚。

[東京白金]
利食い売りを受けて、反落して始まった。その後は決め手難から、小幅な値幅きを繰り返し取引を終了している。
先限は前日8円安の3,351円、出来高は7,514枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高を受けて、上伸して始まった。その後はNY時間外取引、円相場ともに動意を欠く中、伸び悩んで取引を終了している。
原油先限は前日比790円高の44,010円、出来高は13,448枚。ガソリン先限は前日比690円高の60,440円、出来高は2,454枚。

[東京ゴム]
上海の夜間堅調推移を受けて、買いが先行して始まった。その後は年末年始を控え、最近の上昇の後を受けた利食い売りが膨らみ、上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比0.3円安の211.8円、出来高は8,803枚。

[東京コーン]
シカゴ円相場が動意を欠いたことを受けて、小動きで始まった。その後も決め手となる材料が見当たらず、方向感の定まらない展開が続いて取引を終了している。
先限は前日比30円高の21,990円、出来高は519枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
蒔かぬ種は生えぬ
「飴で腹は張らぬ」の同類後。いくらかの相場資金と知識はあっても、
実際に相場に参加しなければ1円の利益にもなりません。
チャンスと思える時に種を蒔くことです。

朗報!
メール限定で一部の方だけにお送りしましたクリスマス特別プレゼントですが、各コース2名ずつ枠に空きがございます。

★ご新規・ご継続/全コース
1ヶ月コース…3割引
3ヶ月コース…3割引
6ヶ月コース…4割引
12ヶ月コース…5割引


早い者勝ちですので、ご参加希望の方は今すぐお申込みを!

年一度だけの特別プレゼントです!

入会お申込み



2017年12月26日(火)

[東京金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外高を背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
10月限は前日比27円高の4,647円、新甫12月限は4,646円、出来高は20,526枚。

[東京白金]
NY高を受けて、続伸して始まった。その後もNY白金時間外の強地合いを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
10月限は前日30円高の3,358円、新甫12月限は3,359円、出来高は8,169枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高を受けて、続伸して始まった。その後はNY時間外取引と為替がともに動意を欠く中、もみ合いが続いて取引を終了している。
原油先限は前日比90円高の43,220円、出来高は4,908枚。ガソリン6月限は前日比140円高の59,660円、新甫7月限は59,750円、出来高は846枚。

[東京ゴム]
上海高を受けて、続伸して始まった。その後は上海相場の水準切り上げを背景に、上げ幅を広げたが、大引けにかけて利食い売りに伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比3.7円高の212.1円、出来高は12,240枚。

[東京コーン]
整理売りを受けて、売りが先行して始まった。その後はシカゴ相場がクリスマスで休場の上、円相場も動意を欠いたことから、狭いレンジで推移して取引を終了している。
先限は前日比10円安の21,960円、出来高は561枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
マーケットの動きをコントロールすることは出来ないが、マーケットに対して自分がどう反応するかは自分でコントロールすることが出来る
当たり前の事ですが忘れがちなことです。
巨大なマーケットのように、自分がコントロールできないものを相手にするときは、
自分をコントロールして折り合いをつけるしかありません。
自分でコントロールできないものに期待して、自分が何もしないのは神様に
ひたすらお願いしているのと同じです。


朗報!
メール限定で一部の方だけにお送りしましたクリスマス特別プレゼントですが、各コース2名ずつ枠に空きがございます。

★ご新規・ご継続/全コース
1ヶ月コース…3割引
3ヶ月コース…3割引
6ヶ月コース…4割引
12ヶ月コース…5割引


早い者勝ちですので、ご参加希望の方は今すぐお申込みを!

年一度だけの特別プレゼントです!

入会お申込み




2017年12月25日(月)

[東京金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は海外市場がクリスマスで休場のため模様眺め気分が強まる中、利食い売りに押され、上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比11円高の4,620円、出来高は22,301枚。

[東京白金]
NY高を受けて、小反発して始まった。その後は買い持ちの手じまいを背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日3円安の3,328円、出来高は6,536枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後は米欧市場がクリスマス休暇となり、様子見ムードが強いことを背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。
原油先限は前日比150円高の43,130円、出来高は6,916枚。ガソリン先限は前日比0円の59,520円、出来高は1,892枚。

[東京ゴム]
欧米原油の堅調推移を受けて、買いが先行して始まった。その後は主要生産国による輸出削減策が先週末決定したことが伝わり、高寄り後も堅調に推移して取引を終了している。
5月限は前日比4.2円高の207.6円、新甫6月限は208.4円、出来高は6,495枚。

[東京コーン]
シカゴ高を受けて、買いが先行して始まった。その後はシカゴがクリスマスで休場となる中、調整売りが優勢となり軟調に推移して取引を終了している。
先限は前日比0円の21,970円、出来高は928枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
迷わば休むべし相場は常にあり、決すれば進むべし機は瞬間に去る
迷いを引きずりながら中途半端に行動するのは失敗のもと。
少しでも迷った時は一歩下がってさらに機会を待つべきです。
しかし、行くと決めたら迷わず進むこと。
迷っている間にチャンスは過ぎ去ってしまいます。


朗報!
メール限定で一部の方だけにお送りしましたクリスマス特別プレゼントですが、各コース2名ずつ枠に空きがございます。

★ご新規・ご継続/全コース
1ヶ月コース…3割引
3ヶ月コース…3割引
6ヶ月コース…4割引
12ヶ月コース…5割引


早い者勝ちですので、ご参加希望の方は今すぐお申込みを!

年一度だけの特別プレゼントです!

入会お申込み




2017年12月22日(金)

[東京金]
NY高を受けて、続伸して始まった。その後はNY相場の軟化を受けてマイナス圏に沈む限月が相次いだが、NYの戻りを背景に持ち直し取引を終了している。
先限は前日比1円高の4,609円、出来高は17,920枚。

[東京白金]
NY安を受けて、反落して始まった。その後はNY時間外の緩みを背景に、売り優勢で取引を終了している。
先限は前日11円安の3,331円、出来高は12,851枚。

[東京原油・東京ガソリン]
様子見ムードの中、小動きで始まった。その後はNY時間外の軟化を背景に、引けにかけて上げ幅を縮小して取引を終了している。
原油先限は前日比190円高の42,980円、出来高は9,239枚。ガソリン先限は前日比170円高の59,520円、出来高は1,741枚。

[東京ゴム]
上海安を受けて、売りが先行して始まった。その後も上海の軟調を背景に、買い玉の手じまいが先行して取引を終了している。
先限は前日比3.0円安の203.4円、出来高は5,387枚。

[東京コーン]
シカゴ高を受けて、続伸して始まった。その後はシカゴ、円相場がともに小動きとなる中、狭いレンジで推移して取引を終了している。
先限は前日比100円高の21,970円、出来高は1,639枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
下手に出て黄金を得るが上手なり、相場上手に大儲けなし
相場は、小手先の器用さだけでできるものではありません。
腹を据えて天底を見極め、チャンスを待ち続ける辛抱強さがなければ、大儲けはできないのです。

会員各位
25日(月)はガソリン・金・白金の納会日です。26日(火)の日中立会より新甫が発会されます。
ガソリン・金・白金コースの会員様は、26日以降に配信される売買サービス時記載の限月に、ご注意下さいますようお願い申し上げます。


*配信先アドレスのご登録は、携帯とPCといったように最大2つまで可能です。
追加アドレスをご希望の方は、お問合せもしくは会員専用メールアドレスよりお知らせ下さいますようお願いいたします。

年末年始限定-先物キャンペーン!のお知らせ

ご好評の先物キャンペーンを開催させていただきます。
2018年へ向けてのビッグチャンスを掴み取りましょう!!


年末年始限定-先物キャンペーン!



2017年12月21日(木)

[東京金]
NY高と円安を受けて、続伸して始まった。その後はNY時間外、円相場ともに動意に乏しく、小幅レンジでもみ合って取引を終了している。
先限は前日比26円高の4,608円、出来高は30,143枚。

[東京白金]
NY高と円安を受けて、続伸して始まった。その後はNY時間外の下落を背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日27円高の3,342円、出来高は12,039枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高と円の軟化を受けて、買いが先行して始まった。買い一巡後は決め手材料を欠く中、伸び悩んで取引を終了している。
原油先限は前日比400円高の42,790円、出来高は9,569枚。ガソリン先限は前日比380円高の58,350円、出来高は1,874枚。

[東京ゴム]
上海安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円相場の引き緩みと上海安の綱引きとなり、小幅な値動きで取引を終了している。
先限は前日比1.5円安の206.4円、出来高は3,564枚。

[東京コーン]
シカゴ高を受けて、続伸して始まった。その後はシカゴ、円相場がともに動意を欠く中、小幅レンジでもみ合って取引を終了している。
先限は前日比140円高の21,870円、出来高は1,158枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
兵は勝つことを貴び、久しきを貴ばず
孫子の『兵法』にある言葉。戦争は勝つことが大事で、
長期戦や泥沼化は避けろということです。
相場でも儲けることが大事で、短期必勝を目指すべきです。

会員各位
22日(金)はゴムの納会日です。25日(月)の日中立会より新甫が発会されます。
ゴムコースの会員様は、25日以降に配信される売買サービス時記載の限月に、ご注意下さいますようお願い申し上げます。


*配信先アドレスのご登録は、携帯とPCといったように最大2つまで可能です。
追加アドレスをご希望の方は、お問合せもしくは会員専用メールアドレスよりお知らせ下さいますようお願いいたします。

年末年始限定-先物キャンペーン!のお知らせ

ご好評の先物キャンペーンを開催させていただきます。
2018年へ向けてのビッグチャンスを掴み取りましょう!!


年末年始限定-先物キャンペーン!



2017年12月20日(水)

[東京金]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外取引相場の堅調推移を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比14円高の4,582円、出来高は18,357枚。

[東京白金]
NY高や円安を受けて、続伸して始まった。その後は手じまいなどの売りに伸び悩み、もみ合いが続いて取引を終了している。
先限は前日12円高の3,315円、出来高は12,212枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高と円の軟化を受けて、続伸して始まった。その後も円相場の一段の下落を背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
原油先限は前日比590円高の42,390円、出来高は9,039枚。ガソリン先限は前日比610円高の58,970円、出来高は1,604枚。

[東京ゴム]
欧米原油高と円の軟化を受けて、買いが先行して始まった。その後は決め手材料を欠く中、狭い範囲の値動きを繰り返し取引を終了している。
先限は前日比0.9円高の207.9円、出来高は2,569枚。

[東京コーン]
シカゴ高と円安を受けて、上伸して始まった。その後もシカゴ相場の堅調、円安を背景に、底堅く推移して取引を終了している。
先限は前日比160円高の21,730円、出来高は1,442枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
分別も思案もいらぬ買い場は人の捨てたる米くずれなり
相場を仕掛ける場合、理外の理が当然とはいえ、多少の思慮分別は必要です。
例外的に思慮分別が不要なマーケットは、多勢がその株は価値がないと見く
びってしまった場合です。
そのような時はただ同然に売りまくられ、驚くような安値が出たりするものです。

年末年始限定-先物キャンペーン!のお知らせ

ご好評の先物キャンペーンを開催させていただきます。
2018年へ向けてのビッグチャンスを掴み取りましょう!!


年末年始限定-先物キャンペーン!



2017年12月19日(火)

[東京金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は決め手を欠きもみ合ったが、引けにかけてNY時間外が上伸したことを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比28円高の4,568円、出来高は20,601枚。

[東京白金]
NY高の上昇を受けて、大幅上伸して始まった。その後はNY時間外相場の堅調推移を背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日49円高の3,303円、出来高は15,027枚。

[東京原油・東京ガソリン]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外の戻りを背景に切り返し、おおむねプラスサイドで取引を終了している。
原油先限は前日比50円高の41,800円、出来高は7,328枚。ガソリン先限は前日比10円安の58,360円、出来高は1,792枚。

[東京ゴム]
上海の軟化を受けて、売りが先行して始まった。その後は上海相場の頭重い展開を背景に、やや下げ幅を広げて取引を終了している。
先限は前日比2.0円安の207.0円、出来高は2,719枚。

[東京コーン]
シカゴの下げ渋りを受けて、上伸して始まった。その後はシカゴ、円相場とも小動きとなる中、もみ合いが続いて取引を終了している。
先限は前日比0円の21,570円、出来高は1,292枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
ブルおベアも儲けることは可能だが、ホッグは決して儲けない
欧米では、強気はブル(雄牛)、弱気はベア(熊)と喩えられます。
せっかちに動き回り、小手先の投資をしたり、深追いすることをホッグ(豚)と言い、
一分の得にもならない様子を表しています。


年末年始限定-先物キャンペーン!のお知らせ

大変遅くなりましたが、ご好評の先物キャンペーンを開催させていただきます。
2018年へ向けてのビッグチャンスを掴み取りましょう!!


年末年始限定-先物キャンペーン!

その他商品情報は、こちらより。



2017年12月18日(月)

[東京金]
円相場の軟化を受けて、買いが先行して始まった。買い一巡後は売りが優勢となる場面もあったが、引けにかけてNY時間外取引の戻りを眺めて値を戻してを終了している。
先限は前日比20円高の4,540円、出来高は18,907枚。

[東京白金]
NY市場の上昇を受けて、軒並み反発して始まった。その後はNY白金時間外取引の堅調を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日70円高の3,254円、出来高は10,734枚。

[東京原油・東京ガソリン]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外相場の続伸を背景に、堅調に推移して取引を終了している。
原油先限は前日比280円高の41,750円、出来高は8,276枚。ガソリン先限は前日比240円高の58,370円、出来高は1,922枚。

[東京ゴム]
前日の上海ゴム相場の堅調や円安を受けて、軒並み買いが先行して始まった。買い一巡後は上海相場が水準を切り下げたことから、上げ一服となって取引を終了している。
先限は前日比4.2円高の209.0円、出来高は6,128枚。

[東京コーン]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後は一部限月がプラス圏に浮上する場面もあったが、大引けにかけシカゴの軟化を眺め、再びマイナス圏に沈んで取引を終了している。
11月限は前日比90円安の21,450円、新甫1月限は21,570円、出来高は681枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
不手合で金が減ったと悔やむな、預けてあると思い済むなり
相場が反対に動いて損をしても、くよくよ悩まないこと。
相場に預けていると思うことで気が楽になります。


年末年始限定-先物キャンペーン!のお知らせ

大変遅くなりましたが、ご好評の先物キャンペーンを開催させていただきます。
2018年へ向けてのビッグチャンスを掴み取りましょう!!


年末年始限定-先物キャンペーン!


その他商品情報は、こちらより。



2017年12月15日(金)

[東京金]
円の引き締まりを受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外、円相場ともに小動きで手掛かりを欠き、レンジ内で取引を終了している。
先限は前日比26円安の4,520円、出来高は20,057枚。

[東京白金]
NY安と円の上昇を受けて、反落して始まった。その後はNY白金時間外の軟調を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日41円安の3,184円、出来高は10,871枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高を受けて、反発して始まった。その後はNY時間外相場と円相場が小幅な動きにとどまる中、もみ合いが続いて取引を終了している。
原油先限は前日比300円高の41,470円、出来高は9,425枚。ガソリン先限は前日比280円高の58,130円、出来高は1,950枚。

[東京ゴム]
決め手難から、方向感なく始まった。その後も決め手となる材料が見当たらない中、狭い範囲での動きが続いて取引を終了している。
先限は前日比0.5円安の204.8円、出来高は2,437枚。

[東京コーン]
シカゴ安と円高を受けて、売りが先行して始まった。その後はシカゴ相場の頭重さを背景に、やや水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比220円安の21,540円、出来高は615枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
不時に向え
相場が突発材料で激変する場合は、後に必ず元の値段に戻ります。
突発材料で高くなったら売り、安くなったら買わなければなりません。

先物ニュース!
2018年1月5日より第2回TOCOMリアルトレードコンテストを開催

株式会社東京商品取引所は、2018年1月5日から3月30日まで、商品先物市場における取引の活性化、商品先物市場への参入促進等を目的に、「第2回TOCOMリアルトレードコンテスト」(以下、コンテスト)」を開催します。

このコンテストの第1回は、公設の取引所が開催して現実の取引成績を競うコンテストとしては日本初めての試みとして、2017年6月19日から8月31日までの間実施しました。商品先物取引業者15社、これらに口座を開設している委託者約200名が参加し、優勝者の利益率296.37%(この場合は元本を100%とした場合の最終資産の大きさ)を筆頭に、個人投資家ら多くの参加者が利益を上げたことが示されました。

前回同様、第2回コンテストでも、成績優秀者には賞品として金貨を贈呈するほか、当社が開催するセミナー等にご登壇いただき、講師としてトレード手法についてお話しいただく機会も設ける予定です。

詳しくはこちらをご覧ください。

その他商品情報は、こちらより。



2017年12月14日(木)

[東京金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外取引相場が堅調に推移したことから、一段高となる場面がみられたが、午後はプラス圏でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比25円高の4,546円、出来高は26,669枚。

[東京白金]
NY高を受けて、反発して始まった。その後はNY時間外高を受けて、買い優勢となり取引を終了している。
先限は前日17円高の3,225円、出来高は12,946枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油安と円高を受けて、売りが先行して始まった。その後も円相場の引き締まりを背景に下げ幅を拡大したが、午後に入ると様子見ムードが広がりもみ合って取引を終了している。
原油先限は前日比1,120円安の41,170円、出来高は18,338枚。ガソリン先限は前日比1,020円安の57,850円、出来高は3,006枚。

[東京ゴム]
欧米原油安と円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は円相場の引き締まりや上海ゴム相場の軟化を背景に、値を消して取引を終了している。
先限は前日比1.1円高の205.3円、出来高は4,451枚。

[東京コーン]
シカゴ安を受けて、続落して始まった。その後は上海ゴム相場が上昇したため、急速に切り返した。午後は買いが一服し、若干伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比20円安の21,760円、出来高は348枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
吹き値待ちに吹き値なし
吹き値とは吹くように相場が上がることですが、そこで売り逃げようと思っても、
そんなチャンスはなかなか現れないのが現実。
吹き値待ちとは、損益がでている時に急反発を願う投資家心理の表れであり、
売るチャンスの難しさを喩えています。

その他商品情報は、こちらより。



2017年12月13日(水)

[東京金]
決め手材料難から、小動きに始まった。その後は円相場の引き締まりを背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比8円安の4,521円、出来高は19,710枚。

[東京白金]
NY安を受けて、続落して始まった。その後は円高とNY時間外取引の頭重さを背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日44円安の3,208円、出来高は12,103枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油安を受けて、売りが先行して始まった。売り一巡後は、めぼしい材料が見当たらず、期先限月を中心に日中始値近辺でもみ合って取引を終了している。
原油先限は前日比1,080円安の42,290円、出来高は39,456枚。ガソリン先限は前日比1,020円高の58,870円、出来高は3,009枚。

[東京ゴム]
決め手材料難から、小幅まちまちに始まった。その後は円相場の引き締まりや上海ゴム相場の軟化を背景に、値を消して取引を終了している。
先限は前日比0.2円高の204.2円、出来高は6,448枚。

[東京コーン]
シカゴ安を受けて、続落して始まった。その後は取引中のシカゴの上昇を背景に、期先限月を中心に下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比60円安の21,780円、出来高は624枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
百年に九十九年の高安は三割超えぬものと知るべし
一般的に相場の天底の値幅は、一波動約1割〜2割。3割を超えるのは100年に
一度あるかないか珍事であるので、この場合は速やかに逆行すべきです。
つまり、上昇波動であれば売り、下降波動であれば買いましょう。


その他商品情報は、こちらより。



2017年12月12日(火)

[東京金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY相場の戻りを背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比20円安の4,529円、出来高は21,800枚。

[東京白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。売り一巡後は小戻し、この日の高値圏で取引を終了している。
先限は前日比10円安の3,252円、出来高は5,681枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY原油時間外取引の水準切り上げを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比1,180円高の43,370円、出来高は39,734枚。ガソリン先限は前日比1,280円高の59,890円、出来高は3,055枚。

[東京ゴム]
欧米原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後は上海相場が小幅な値動きにとどまったことを背景に、狭いレンジで推移して取引を終了している。
先限は前日比1.0円高の204.0円、出来高は3,011枚。

[東京コーン]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後はシカゴ、為替相場ともに小動きで決め手を欠き、狭いレンジで推移し取引を終了している。
先限は前日比110円安の21,840円、出来高は334枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
一粒万倍、努力から
僅かな利益も積もり積もれば大きくなります。
相場を張る場合は、最初から一攫千金を夢見るのではなく、
小さな利益を積み重ねる心構えが大切です。

ドバイ原油 デイトレ・スイングともに利益獲得!!
このまま上がり続けるのか?それとも?
今後も注目です!


その他商品情報は、こちらより。



2017年12月11日(月)

[東京金]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は決め手材料難から、狭いレンジでもみ合って取引を終了している。
先限は前日比5円高の4,549円、出来高は21,628枚。

[東京白金]
NY安を受けて、反落して始まった。その後は決め手材料難から、もみ合いが続いて取引を終了している。
先限は前日比13円安の3,262円、出来高は10,579枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外取引と為替が動意を欠く中、もみ合いが続いて取引を終了している。
原油先限は前日比480円高の42,190円、出来高は35,584枚。ガソリン先限は前日比440円高の58,610円、出来高は2,771枚。

[東京ゴム]
円安や欧米原油高を受けて、反発して始まった。その後は上げ幅を拡大する場面もあったが、大引けにかけて上海相場の軟化を背景に、全限月がマイナスサイドに引き緩んで取引を終了している。
先限は前日比1.1円安の203.0円、出来高は3,927枚。

[東京コーン]
シカゴの頭重さを受けて、売りが先行して始まった。その後はシカゴ相場と為替がともに動意を欠いたことから、決め手材料難でもみ合いが続いて取引を終了している。
先限は前日比100円高の21,950円、出来高は528枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
評価益は益と思うな、しかし評価損は実損である
取引を終了するまでは、評価損益は仮の損益に過ぎません。
投資家は評価益が出ている銘柄は、いつでも利食いできると油断する傾向がありますが、
利益を手にするまでは油断禁物。
一方、評価損を抱えている場合は、いつかは買値に戻る、売らなければ損は確定しないと、
損失を受け入れることを拒否しがちです。
含み損は、今後も成長する可能性もあるし、資金が固定され機会損失を投資家に与えるため、実損とみなすことは賢明です。

先物ニュース!
TOCOMリアルトレードコンテスト」が開催されます!
概要
主催 東京商品取引所(TOCOM)
対象者(コンテスト参加者)
コンテスト参加企業にて取引を行う委託者
※セミプロやプログラムによる自動売買を含む
取引対象商品
当社の全上場商品(先物取引及びオプション取引)
※大阪堂島商品取引所での取引に係る証拠金及び損益は除いて評価します。
評価対象期間
2018年1月5日から2018年3月30日
(エントリーは2017年12月7日から2018年2月末まで)
※2018年1月4日 16:30(夜間取引)~2018年3月30日 15:15(日中取引)まで。途中、各月15日時点、月末時点の成績(20位まで)を中間報告として公表します。
表彰等
優秀賞
実施期間におけるパフォーマンスの高い上位10名を表彰。
1位から3位までは金貨及びクリスタルトロフィー等の賞品を授与。
4位から10までは賞状を授与

詳しい情報はこちらをご覧ください。

その他商品情報は、こちらより。



2017年12月8日(金)

[東京金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外取引の下げ渋りと円軟化を背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比2円安の4,544円、出来高は38,136枚。

[東京白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円軟化とNY白金時間外取引の戻りを背景に、プラスサイドで取引を終了している。
先限は前日比12円高の3,275円、出来高は11,346枚。

[東京原油・東京ガソリン]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY時間外取引の堅調推移や円相場の一段の軟化を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比800円高の41,710円、出来高は32,818枚。ガソリン先限は前日比670円高の58,170円、出来高は2,079枚。

[東京ゴム]
上海安を受けて、売りが先行して始まった。その後は上海相場の上伸を背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比2.9円安の204.1円、出来高は6,614枚。

[東京コーン]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円相場の軟化を背景に、プラスサイドで取引を終了している。
先限は前日比80円高の21,850円、出来高は658枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
万人が呆れ果てたる値が出れば、それが高下の界なり
多勢の予想していた値段よりもはるかに高くなった場合は、そこが天井。
逆に安くなった場合は、そこが底であるということ。

先物ニュース!
2017年11月の概況等について
2017年11月の全商品合計一日平均取引高は 94,032 枚、前月比 5.5%増加
詳しくはこちらをご覧ください

その他商品情報は、こちらより。



2017年12月7日(木)

[東京金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はもみ合いが続いたが、取引終盤にNY時間外取引が下げ足を速め、つれて水準を切り下げ、この日の安値圏で取引を終了している。
先限は前日比13円安の4,546円、出来高は28,177枚。

[東京白金]
NY安を受けて、続落して始まった。その後もNY安を背景に、軟調に推移して取引を終了している。
先限は前日比46円安の3,263円、出来高は18,221枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後は相場の軟化を背景に、下げ渋って取引を終了している。
原油先限は前日比640円安の40,910円、出来高は35,114枚。ガソリン先限は前日比680円安の57,500円、出来高は2,959枚。

[東京ゴム]
欧米原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円相場が軟化したことを背景に、買い戻しが強まり、全限月がプラスサイドで取引を終了している。
先限は前日比1.8円高の207.0円、出来高は5,324枚。

[東京コーン]
シカゴ安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円相場の軟化を支えに下げ渋り、先ぎりはプラス圏に浮上して取引を終了している。
先限は前日比50円高の21,770円、出来高は406枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
腹立て売り、腹立て買い、決してすべからず
損をしたことに腹を立てて、取り返そうとしてすぐに仕掛けても、
冷静さを欠いた判断では、損の上塗りを招くだけです。
こんな時は一旦休んで、戦略を練り直して出直すべきです。

その他商品情報は、こちらより。



2017年12月6日(水)

[東京金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後は円相場の引き締まりを背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比46円安の4,559円、出来高は46,496枚。

[東京白金]
NY安を受けて、続落して始まった。その後は円高が重しとなり、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比49円安の3,309円、出来高は18,792枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後は円相場の引き締まりを背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。
原油先限は前日比130円高の41,550円、出来高は14,222枚。ガソリン先限は前日比40円高の58,180円、出来高は1,484枚。

[東京ゴム]
上海夜間の軟調を受けて、売りが先行して始まった。その後は手掛かり材料難から、期先限月を中心に日中始値近辺でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比4.2円安の205.2円、出来高は8,744枚。

[東京コーン]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後はシカゴ相場の堅調推移を背景に、下げ渋って取引を終了している。
先限は前日比30円安の21,720円、出来高は511枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
初めを慎め
本間宗久が本間戦術の冒頭で「商いは踏み出し大切なり」と言っているように、
相場においても初めが大切だということ。


今日12/6(水)の経済指標
09:30
(豪) 7-9月期GDP (前期比) +0.8%(前回) +0.7%(予想) +0.6%(結果)
(豪) 7-9月期GDP (前年比) +1.8%(前回) +3.0%(予想) +2.8%(結果)
22:15
(米) 11月ADP全国雇用者数 +23.5万人(前回) +19.0万人(予想)
22:30
(米) 7-9月期非農業部門労働生産性・確報 (前期比年率) +3.0%(前回) +3.3%(予想)
22:30
(米) 7-9月期単位労働コスト・確報 (前期比年率) +0.5%(前回) +0.2%(予想)

12/5(火)の経済指標の結果

09:30
(豪) 10月小売売上高 (前月比) 0.0%(前回) +0.3%(予想) +0.5%(結果)
09:30
(豪) 7-9月期経常収支 -96億AUD(前回) -90億AUD(予想) -91億AUD(結果)
12:30
(豪) RBAキャッシュターゲット 1.50%(前回) 1.50%(結果)
18:30
(英) 11月サービス業PMI 55.6(前回) 55.0(予想) 53.8(結果)
19:00
(ユーロ圏) 10月小売売上高 (前月比) +0.7%(前回) -0.7%(予想) -1.1%(結果)
22:30
(米) 10月貿易収支 -435.0億USD(前回) -475.0億USD(予想) -487.0億USD(結果)
24:00
(米) 11月ISM非製造業景況指数 60.1(前回) 59.0(予想) 57.4(結果)

相場には勝った負けたは付き物です。勝ち負けだけで相場をやっているのであれば、そのうち偶然にも一度くらいは大きな利益をだすことも経験されると思います。しかし一度の利益を出すことは誰でも簡単なことではございますが、最終的に資金を増やすことは容易ではございません。相場を投資としてやる以上は、資産を残し財産を築きあげていかなければ意味はありません。
相場の世界では、常に勝ち続け ている投資家は1割もいないといわれています。9割近くの投資家達は1年と経たずに相場の世界から消え去っているのが実情です。
当サイトのシステムでは、目先の利益にはとらわ れず、大切な資産を残していくためにも年間プログラムを取り入れております。当然ながら短期間ではマイナスがでることもあります。しかし長い目で見た場合に、最終的には過去で実証されていますように、必ずといってよいほど年間成績はある平均値以上の結果を残すことが出来ます。
本格的な資産運用としてご紹介させていただいているため、独自のマネーマネジメントを取り入れております。
当たった、ハズれたの相場をやっていても意味はありません。
資産運用として真剣にお考えなのであれば、1ヶ月よりも当然ながら、半年、1年・・・と長期での運用の方が効果もかなり大きくなります。
実際に実感していただくためにも、なるべく長く運用するこ とをお勧めいたします。
そうすることによって、今まで味わったことのない喜びを感じて頂けるはずです。


その他商品情報は、こちらより。



2017年12月5日(火)

[東京金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外取引、為替相場ともに動意を欠き、狭いレンジで推移して取引を終了している。
先限は前日比6円安の4,605円、出来高は19,892枚。

[東京白金]
NY安と円高を受けて、続落して始まった。その後は決め手難から、始値を挟んでもみ合って取引を終了している。
先限は前日比31円安の3,358円、出来高は10,472枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油安と円高を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外取引、円相場とも小動きとなり、マイナス圏でのもみ合いが続いて取引を終了している。
原油先限は前日比680円安の41,420円、出来高は13,172枚。ガソリン先限は前日比690円安の58,140円、出来高は2,455枚。

[東京ゴム]
上海高と円高を受けて、方向性を欠いて始まった。その後は上海の軟化を背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比0.1円高の209.4円、出来高は7,936枚。

[東京コーン]
シカゴ安と円高を受けて、売りが先行して始まった。その後はシカゴの軟調を背景に、小幅ながら水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比80円安の21,750円、出来高は767枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
売買を急げば急ぐほど損をする、とくと休んで手を変えて見よ
勘に頼るだけのせっかちな売買は損のもとです。相場を仕掛けるには、
注意深い観察と研究が欠かせません。
時にはじっくり休んで様々な角度から相場を眺めることも必要です。

その他商品情報は、こちらより。



2017年12月4日(月)

[東京金]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY金時間外取引、円相場ともに小動きで決め手を欠き、狭いレンジで推移して取引を終了している。
先限は前日比9円高の4,611円、出来高は24,722枚。

[東京白金]
NY安を受けて、続落して始まった。その後もNY白金時間外取引の軟調を背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比17円安の3,389円、出来高は7,962枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高と円の軟化を受けて、続伸して始まった。買い一巡後はNY時間外取引が軟調に推移したことを背景に、上げ幅をやや縮小して取引を終了している。
原油先限は前日比500円高の42,100円、出来高は17,342枚。ガソリン先限は前日比270円高の58,830円、出来高は3,544枚。

[東京ゴム]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後も円が軟調に推移する中、上海相場の上昇を背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比5.8円高の209.3円、出来高は14,669枚。

[東京コーン]
シカゴ高と円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はシカゴの堅調さを背景に、期先を中心に上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比220円高の21,830円、出来高は924枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
始めから損を覚悟で相場せよ、思案しすぎれば時機を失う
値動きのあるものに投資する以上、損を覚悟は当たり前の話です。
やる前からあれこれ考え過ぎると、チャンスを逃しかねません。
株の買い時、売り時は誰にも分からないので、いくら考えても答えは出ません。
自分が儲かる確率が高いと思った時に決断するだけです。

配信先アドレスのご登録は、携帯とPCといったように最大2つまで可能です。
追加アドレスをご希望の方は、お問合せもしくは会員専用メールアドレスよりお知らせ下さいますようお願いいたします。


相場で一時的にマイナスが出てしまうことは、当然ございます。
また、一発で儲けようとすることもかなり無理がございます。
簡単なことのようでとても難しいことではございますが、一番はコツコツ継続することが成功への道へと繋がるのです。
その時々の利益は小さいかもしれませんが、相場で勝ち続けるためには、この小さなものの積み重ねがとても重要なのです。
先々で、きっと大きなものに変わります。

その他商品情報は、こちらより。



2017年12月1日(金)

[東京金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外取引相場の頭重い展開を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比13円安の4,602円、出来高は35,409枚。

[東京白金]
円相場の軟化を受けて、続伸して始まった。その後はNY白金時間外取引の軟化を背景に、引き緩んで取引を終了している。
先限は前日比3円安の3,406円、出来高は6,322枚。

[東京原油・東京ガソリン]
円安を受けて、続伸して始まった。その後もNY時間外取引の底堅さを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
原油4月限は前日比110円高の41,810円、新甫5月限は41,600円、出来高は16,319枚。ガソリン先限は前日比90円高の58,560円、出来高は3,357枚。

[東京ゴム]
上海夜間の頭重さを受けて、売りが先行して始まった。その後は決め手材料が乏しい中、もみ合いが続いて取引を終了している。
先限は前日比5.2円高の203.5円、出来高は9,564枚。

[東京コーン]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は上海ゴム相場の上伸を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比120円高の21,610円、出来高は719枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
登り百日、下げ十日
これは、相場が下降局面に入った時の、その下げ足の早さを言っています。
上げ相場は物色買いと利食いの繰り返しで、上昇に時間がかかります。
一方、天井に入ると手仕舞い売りを控えているため、不測の悪材料であっという間に
下がるケースもあるということです。


お知らせ
11月中を予定しておりましたキャンペーンですが、予定を変更して12月初旬に開催させていただきます。
よろしくお願いいたします。



その他商品情報は、こちらより。



2017年11月30日(木)

[東京金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後は決め手材料難から動意を欠いたが、終盤は円の緩みを背景に、小幅ながら値を戻して取引を終了している。
先限は前日比17円安の4,615円、出来高は107,402枚。

[東京白金]
NY安を受けて、反落して始まった。その後はNY白金時間外取引高を背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比1円高の3,409円、出来高は55,486枚。

[東京原油・東京ガソリン]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外取引の底堅さや円安進行を背景に、水準を切り上げて取引を終了している。
原油先限は前日比170円高の41,700円、出来高は121,586枚。ガソリン先限は前日比130円高の58,470円、出来高は11,893枚。

[東京ゴム]
上海夜間の頭重さを受けて、売りが先行して始まった。その後は決め手材料が乏しい中、もみ合いが続いて取引を終了している。
先限は前日比1.2円安の198.3円、出来高は25,925枚。

[東京コーン]
シカゴ高と円安を受けて、買いが先行して始まった。その後は円相場の緩みを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比230円高の21,490円、出来高は11,132枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
上り坂の悪材料は買い、下り坂の好材料は売り
この格言はトレンドに逆らう売買の愚かさを戒めると同時に、
売買のポイントも的確に指示しています。
上昇トレンドの時は多少の悪材料が出ても、良い押し目になり、
逆に下落トレンドの時は好材料が出て上げても、それが売りの急所になります。
トレンドとは理屈ではなく、そういうものなのです。


お知らせ
11月中を予定しておりましたキャンペーンですが、予定を変更して12月初旬に開催させていただきます。
よろしくお願いいたします


今月も皆様お疲れさまでした。

以下は、11月度の各コースの獲得利益幅です。

スイングトレード
東京金 ・・・-174円(1000倍)
東京白金 ・・・-470円(500倍)
東京原油 ・・・-500円(50倍)
東京ガソリン ・・・7,670円(50倍)
東京ゴム ・・・7.9円(5000倍)
東京コーン ・・・-1,780円(50倍)

日経225先物 ・・・2,940円(ラージ1000倍、ミニ100倍)


デイトレード
東京金 ・・・-32円(1000倍)
東京白金 ・・・401円(500倍)
東京原油 ・・・2,660円(50倍)
東京ガソリン ・・・4,510円(50倍)
東京ゴム ・・・37.3円(5000倍)


では、12月度もよろしくお願いします。

その他商品情報は、こちらより。


 

個人情報保護 会社案内 会員規約  

copyright©En-Rich all rights reserved.