AX
本文へスキップ

商品先物取引 売買指針サービス En−Rich

本日の相場CONCEPT

 
  会員専用ページはPC版に掲載しております。
  http://www.e-erich.com/

本日の相場



2024年4月12日(金)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY金時間外の上昇を背景に、約定価格を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比265円高の11,762円、出来高は84,718枚。

[白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後も買い優勢の展開で、全限月がこの日の高値で取引を終了している。
先限は前日149円高の4,912円、出来高は21,007枚。

[ドバイ原油]
NY原油安を受けて、売りが先行して始まった。その後は稼働再開が報じられたため、NY時間外が上昇し、連動してプラス圏に浮上して取引を終了している。
中心限24年9月限は前日比200円高の80,960円、25年6月は前日比400円高の72,570円、出来高は1,622枚。

[ゴムRSS3]
上海安を受けて、売りが先行して始まった。その後も上海安に圧迫されて整理売り優勢に推移して取引を終了している。
中心限月24年9月限は前日比9.6円安の315.7円、25年3月限は約定なし、出来高は1,807枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
相場の仕掛けは極点で
上げ途上、下げ波乱、保ち合いといった相場の見極めと、次の値幅の見込みを緻密に
予測しなければいけません。一旦仕掛けたら、目先の往来相場に惑わされず、予測に
従って辛抱することです。

その他情報は、こちらより


2024年4月11日(木)

[金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後、円相場の軟化を眺めた買いなどにプラスサイドへ浮上したものの、戻りは売られて取引を終了している。
先限は前日比8円安の11,497円、出来高は91,042枚。

[白金]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後は決め手難から日中始値を挟んでもみ合って取引を終了している。
先限は前日7円安の4,763円、出来高は13,540枚。

[ドバイ原油]
NY原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後は値頃の買いなどが誘われ、下げ幅を縮めて取引を終了している。
中心限24年9月限は前日比1,560円高の80,760円、25年6月は約定なし、出来高は12,898枚。

[ゴムRSS3]
上海市場の夜間取引が下落した流れを受けて、売りが先行して始まった。その後は株安にも圧迫されて日中始値近辺でのもみ合いが続いたが、終盤は原油高を背景に押し目買いが入り、やや下げ幅を縮めて取引を終了している。
中心限月24年9月限は前日比2.4円安の325.3円、25年3月限は約定なし、出来高は685枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
相場に卒業なし
相場には年齢などの制限がないかわりに、ゴールもないということです。


その他情報は、こちらより


2024年4月10日(水)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後も強含みに推移するNY金時間外に追随し、値位置を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比47円高の11,505円、出来高は74,991枚。

[白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は決め手難から日中始値を挟んでもみ合って取引を終了している。
先限は前日20円高の4,770円、出来高は15,191枚。

[ドバイ原油]
NY安を受けて、売りが先行して始まった。その後は月の米消費者物価指数(CPI)発表を控えた様子見で買い戻され、日中始値から下げ渋って取引を終了している。
中心限24年9月限は前日比710円安の79,200円、25年6月は約定なし、出来高は11,270枚。

[ゴムRSS3]
内外原油相場の下落を受けて、買いが先行して始まった。その後は上海相場の堅調さを眺めて下げ渋ったものの、株安もあり、中盤以降は水準を下げる展開となって取引を終了している。
中心限月24年9月限は前日比5.3円安の327.7円、25年3月限は約定なし、出来高は1,177枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
相場に寸尺なし
相場の変動は誰にも予測できないと悟ることです。

その他情報は、こちらより


2024年4月9日(火)

[金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後もNY金時間外の上昇に追随し、約定価格を切り上げて取引を終了している。
先限は前日比73円高の11,458円、出来高は65,288枚。

[白金]
NY白金の反発を受けて、大幅高で始まった。その後も買いが継続し、先ぎりは一時4765円と、継続足で15年2月以来の高値を付けて取引を終了している。
先限は前日242円高の4,750円、出来高は28,097枚。

[ドバイ原油]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は決め手を欠いてもみ合い、日中始値付近で取引を終了している。
中心限24年9月限は前日比670円高の79,910円、25年6月は前日比510円高の72,170円、出来高は11,638枚。

[ゴムRSS3]
上海高と内外原油高を受けて、買いが先行して始まった。その後は決め手を欠いてもみ合い、日中始値付近で取引を終了している。
中心限月24年9月限は前日比7.5円高の333.0円、25年3月限は約定なし、出来高は1,883枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
相場に過去はないが、明日はある
終わった後で、「あの時…すれば良かった」と後悔しても始まりません。
十分に反省したら、気持ちを切り替えて、次のチャンスを狙って前向きにいきましょう。

その他情報は、こちらより


2024年4月8日(月)

[金]
NY高と円安を受けて、大幅高で始まった。その後も買い優勢の展開が続いて取引を終了している。
先限は前日比306円高の11,385円、出来高は136,084枚。

[白金]
円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY白金時間外相場の引き締まりを眺めた売方の手じまいなどに底堅く推移して取引を終了している。
先限は前日24円高の4,508円、出来高は9,711枚。

[ドバイ原油]
NY安を受けて、軟調に推移して始まった。その後もNY時間外安を背景に、下げ幅を広げたが、売り一巡後は下げ渋って取引を終了している。
中心限24年9月限は前日比880円安の79,240円、25年6月は前日比30円安の71,660円、出来高は12,611枚。

[ゴムRSS3]
円安を受けて、売りが先行して始まった。その後は全般に売りに押されたが、中盤以降は上海高や株高に支援されて、いずれの限月もプラス圏に浮上して取引を終了している。
中心限月24年9月限は前日比0.3円高の327.6円、25年3月限は約定なし、出来高は3,008枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
相場上の助言をするな、いれるな
相場について他人に助言したり、他人の助言を聞き入れたりしないこと。
万一助言が外れた場合、一生恨まれたり、逆に恨むことになります。
自分が研究して出した結果であれば、後悔はないはずです。

その他情報は、こちらより


2024年4月5日(金)

[金]
NY安を受けて、大幅安で始まった。その後午前はNY時間外の下げ幅拡大と円高進行の中で一段安に落ち込んだが、午後は下値でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比116円安の11,079円、出来高は74,130枚。

[白金]
NY安や円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は下値圏でもみ合って取引を終了している。
先限は前日77円安の4,484円、出来高は14,509枚。

[ドバイ原油]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外が米雇用統計を控えたポジション調整商いでもみ合ったため、日中始値付近で取引を終了している。
中心限24年9月限は前日比900円高の80,120円、25年6月は前日比140円高の71,690円、出来高は11,686枚。

[ゴムRSS3]
円高を受けて、売りが先行して始まった。上海市場が休場で手掛かりに欠ける中、その後も日中始値近辺でのもみ合いが続いたが、期近は買い戻しなどにやや水準を上げて取引を終了している。
中心限月24年9月限は前日比2.1円安の327.3円、25年3月限は約定なし、出来高は465枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
相場に神様仏様なし
相場は時に非情な結果をもたらすことがあるので、常に細心の注意が必要です。
最後に頼れるのは、自分自身だということを忘れないこと。

その他情報は、こちらより


2024年4月4日(木)

[金]
NY高を受けて、買い優勢で始まった。その後は上値試しが続く取引中のNY相場を眺めながら、先ぎりは一時11,234円を付けて、最高値を再び塗り替えた。大引けにかけては失速したものの、終始高値圏でもみ合って取引を終了している。
先限は前日比64円高の11,195円、出来高は67,870枚。

[白金]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外の上げ一服を受けて騰勢は限定的で取引を終了している。
先限は前日76円高の4,561円、出来高は19,573枚。

[ドバイ原油]
NY高を受けて、買いが先行して始まった。その後は材料待ちとなってもみ合い、日中始値をやや上回って取引を終了している。
中心限24年9月限は前日比690円高の79,220円、25年6月は約定なし、出来高は1,925枚。

[ゴムRSS3]
上海市場が休場とあって模様眺めムードが強く、動意を欠いて始まった。その後は株高を好感して徐々に水準を上げる展開となって取引を終了している。
中心限月24年9月限は前日比1.5円高の327.3円、25年3月限は約定なし、出来高は434枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
損して休むは上の上
相場で損失を出した時は、失敗引きずってさらに損失を大きくしかねません。
次のチャンスを狙って、一旦仕切りなおしの休養は大切です。


その他情報は、こちらより