AX
本文へスキップ

商品先物取引 売買指針サービス En−Rich

本日の相場CONCEPT

 
  会員専用ページはPC版に掲載しております。
  http://www.e-erich.com/

本日の相場


2017年3月28日(火)

[東京金]
NY高を受けて、続伸して始まった。その後は追加的な強材料を欠いたことを背景に、戻り売りに押されて伸び悩んで取引を終了している。
先限は前日比2円高の4,446円、出来高は18,363枚。

[東京白金]
利食い売りに押されたことを受けて、反落して始まった。その後はNY白金時間外取引が堅調に推移したことを背景に、下げ渋って取引を終了している。
先限は前日比1円安の3,440円、出来高は8,358枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油高や円安を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外取引が堅調に推移したことを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比750円高の34,780円、出来高は11,208枚。ガソリン先限は前日比690円高の47,810円、出来高は2,446枚。

[東京ゴム]
円相場の軟化を受けて、買いが先行して始まった。その後は上海ゴム相場の上昇を手掛かりに、上値を試した。ただ、午後は戻り売りが強まり、伸び悩んで取引を終了している。
8月限は前日比3.4円高の240.9円、新甫9月限は238.2円、出来高は7,543枚。

[東京コーン]
円相場の軟化を受けて、買いが先行して始まった。その後はシカゴ相場の堅調推移を背景に、午前は強含んだが、午後は戻り売りに押され、上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比110円高の21,630円、出来高は839枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
閑散に売りなし
相場が大きく下落した後、出来高が減り、揉み合いになると、強気だった者も次第に弱気になって、空売りをするような傾向がみられますが、ここで短気を起こさないこと。
そのような状態は、目先の売りも出尽くしていて、きっかけ一つで急騰する場合も多いことから、チャンスを待つことです。


皆さんはどのくらい相場をやっていますか?
(アンケート)
クリックするとアンケートページへ移ります。
よろしければご協力お願いいたします。

先物ニュース!

東京商品取引所 プラチナスポット取引開始
〜初値3549円、取引高2万1606枚
 
 東京商品取引所で21日、プラチナスポット(白金限日取引)の取引が開始された。初値は1グラムあたり3549円で終値は3518円(帳入値段は3485円)、初日の取引高は2万1606枚だった。当日は午前9時の取引開始とともに濱田隆道社長と岡地和道日本商品先物振興協会会長による打鐘セレモニーが行われ、関係者で上場を祝った。
 
 21日に取引が開始されたプラチナスポットの初値は3549円、初日の取引高は2万1606枚だった。プラチナスポットは限月(取引期限)がなく、特に個人投資家をターゲットとした商品設計になっている。平成27年5月に上場した同じ商品設計のゴールドスポットは順調に取引高を伸ばし、昨年の年間取引高は383万枚と東商取の主力商品に育っており、プラチナスポットに対する期待も大きい。「現在のプラチナ価格は金より安い。需給を考慮すればプラチナ価格が金価格を上回ってしかるべき。そういう意味では個人投資家の長期投資に向いている」との見方もあり、ゴールドスポットに続くヒット商品となるか注目される。ゴールドスポットの初日の取引高は1万2525枚だったが、プラチナスポットはほぼ倍の取引高となり順調なスタートを切ったといえよう。
 21日の日中取引終了後に濱田隆道社長は以下のコメントを発表した。
 「本日、当社市場ではプラチナスポットを上場し、取引を開始しました。当該取引の本日の取引高は2万1606枚となり、近年上場した商品と比較しても良いスタートが切れたものと思います。プラチナスポットは、2015年に上場したゴールドスポット同様に期限のない商品設計となっており、外国為替証拠金取引に馴染んだ投資家にとっても取引し易いものと考えています。また、プラチナスポットとゴールドスポットの裁定取引等、投資手法の多様化により、当社の他の商品につきましても、取引量がさらに増えていくものと期待しています。当社としては、プラチナスポットが投資家に定着し、当社を代表する商品のひとつになるよう、より一層の市場活性化に努めてまいる所存です」。
 大阪堂島商品取引所は13日の理事会で、平成28年度の確定定率会費、平成29年度事業計画及び予算案、会費の額等について審議し原案通り承認した。
 平成28年度の定率会費の確定額は予納額(大阪コメ29円、東京コメ54円、その他49円)を確定額とした。
 平成29年度の事業計画は、「コメ先物市場の本上場の実現に向けて取引参加者の裾野拡大を加速させるとともに、安定的な市場運営に向けて盤石な経営基盤の構築、次世代商品の調査研究及びデリバティブの普及啓蒙活動に取り組む」とした。
 予算規模は3億3121万円で前年比5%減となった。振興関係費に重点を起きながら経費削減に努めるとしている。
 また、平成29年度の会費は、定額会費は28年度と同額(受託会員12万5000円、一般会員2万円)としたが、予納定率会費は1円増額し、大阪コメ、新潟コシ30円、東京コメ55円、その他50円とした。受渡手数料は変更なく100円。
 これらは30日に開催する臨時総会に附議する。
 また、平成29年10月限〜30年9月限に適用する大阪コメ、東京コメの現物先物取引価格調整表を制定、承認した。


その他商品情報は、こちらより。


2017年3月27日(月)

[東京金]
NY市場は上昇したものの、円高を受けて小幅続落して始まった。その後はNY金時間外取引の堅調を背景にプラスサイドに浮上して取引を終了している。
先限は前日比4円高の4,444円、出来高は19,355枚。

[東京白金]
NY市場の上昇を受けて、反発して始まった。その後はNY白金時間外取引の堅調を背景に上げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比18円高の3,441円、出来高は7,500枚。

[東京原油・東京ガソリン]
円高を受けて、総じて続落して始まった。その後は円高進行やNY原油時間外取引の軟化を背景に下げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比540円安の34,030円、出来高は7,288枚。ガソリン9月限は前日比500円安の47,960円、新甫10月限は47,120円、出来高は1,563枚。

[東京ゴム]
先週末の上海相場の下落や円高を受けて、軒並み続落して始まった。その後は上海相場の急落を背景に、軒並み下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比9.9円安の237.5円、出来高は8,662枚。

[東京コーン]
シカゴ安と円高を受けて、続落して始まった。その後はシカゴ相場の水準切り上げや場中の円高といった強弱感が交錯して、もみ合いで推移して取引を終了している。
先限は前日比70円安の21,520円、出来高は830枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
楽々と儲かる時は気を抜くな、千載一遇この時にあり
相場にはいつも大儲けのチャンスがあるわけではありません。
楽々と儲かる時は絶好のチャンスに恵まれているということ。
だからこそ、常に注意を研ぎ澄ませて、このチャンスをつかむ努力をすることが大切です。


皆さんはどのくらい相場をやっていますか?(アンケート)
クリックするとアンケートページへ移ります。
よろしければご協力お願いいたします。

会員各位
明日28日(火)は東京ゴムの新甫発会日です。
東京ゴムコースの会員様は、明日以降に配信される売買サービス時記載の限月に、ご注意下さいますようお願い申し上げます。

その他商品情報は、こちらより。


2017年3月24日(金)

[東京金]
NY安と円の引き締まりを受けて、続落して始まった。その後は為替が円安に振れたことから下げ幅を縮小したものの、NY金時間外取引が軟調に推移したことから戻りは限られて取引を終了している。
先限は前日比7円安の4,440円、出来高は20,044枚。

[東京白金]
NY安や円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は強弱両材料が交錯する中、もみ合って取引を終了している。
先限は前日比23円安の3,423円、出来高は8,463枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油安や円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は円相場の軟化やNY時間外取引相場の水準切り上げを背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。
原油先限は前日比340円安の34,570円、出来高は6,896枚。ガソリン先限は前日比360円安の48,460円、出来高は2,287枚。

[東京ゴム]
夜間取引の強地合いを受けて、続伸して始まった。その後は上海相場の軟調推移を背景に、全限月がマイナスサイドで取引を終了している。
先限は前日比2.6円安の247.4円、出来高は6,838枚。

[東京コーン]
シカゴ安と円高を受けて、売りが先行して始まった。その後はシカゴ相場の水準切り下げなどを背景に軟調に推移し、この日の安値圏で取引を終了している。
先限は前日比180円安の21,590円、出来高は643枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
六十日で一思案
相場は特別な材料がない限り、およそ60日で天底を繰り返すものです。
そのため、一度底をついた相場は60日先を天井の目安に考え、その時の事情を加味しつつ計画を練ることが肝心です。

相場で一時的にマイナスが出てしまうことは、当然ございます。
また、一発で儲けようとすることもかなり無理がございます。
簡単なことのようでとても難しいことではございますが、一番はコツコツ継続することが成功への道へと繋がるのです。
その時々の利益は小さいかもしれませんが、相場で勝ち続けるためには、この小さなものの積み重ねがとても重要なのです。
先々で、きっと大きなものに変わります。


会員各位
*配信先アドレスのご登録は、携帯とPCといったように最大2つまで可能です。
追加アドレスをご希望の方は、お問合せもしくは会員専用メールアドレスよりお知らせ下さいますようお願いいたします。


その他商品情報は、こちらより。


2017年3月23日(木)

[東京金]
円の引き締まりを受けて、売りが先行して始まった。その後はNY時間外取引や為替が小幅な値動きにとどまったことから、もみ合いが続いて取引を終了している。
先限は前日比6円安の4,447円、出来高は16,990枚。

[東京白金]
NY安や円高を受けて、続落して始まった。その後はNY時間外取引の戻りを背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比23円安の3,446円、出来高は10,866枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油の上昇を受けて、買いが先行して始まった。その後はNY時間外取引の堅調推移を背景に上げ幅を拡大し、この日の高値圏で取引を終了している。
原油先限は前日比340円高の34,910円、出来高は10,798枚。ガソリン先限は前日比310円高の48,820円、出来高は2,525枚。

[東京ゴム]
まちまちで始まった。その後は上海相場の戻りを受け切り返したが、同相場の頭重さから大引けにかけて上げ幅を縮小して取引を終了している。
先限は前日比1.0円高の250.0円、出来高は6,458枚。

[東京コーン]
シカゴ安と円高を受けて、続落して始まった。その後はシカゴ市場や為替相場が動意を欠く中、様子見ムードが広がり、狭い範囲でのもみ合いとなって取引を終了している。
先限は前日比70円安の21,770円、出来高は565枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
勝ちに誇らず利入れ場は完全に
仕掛け万全で利運に乗ったら、慎重に利食いしましょう。
調子に乗って欲張りすぎると大損を招くことになります。


先物ニュース!

東商取 白金限日取引スタート 初日売買高「金」上回る


 東京商品取引所は21日、決済期限のない白金(プラチナ)の証拠金取引「白金限日取引(愛称=プラチナスポット)」の取引を始めた。1グラム3549円の初値で始まり、清算値3485円で通常取引を終えた。同日の売買高は2万1606枚(枚は最低取引単位)で、2015年5月7日に上場した金限日取引(ゴールドスポット)の開始日を上回った。

 白金限日取引は、金限日取引と同じ個人投資家向けの商品設計で、取引単位は最低100グラムと標準の白金先物(500グラム)の5分の1に抑えた。証拠金も1万4千円前後で先物(約7万円)の5分の1。リスクとリターンを低く抑え、原則、現物の受け渡しがない差金決済型にした。

 商品先物取引に詳しいコモディティーインテリジェンスの近藤雅世社長は「初日の取引が盛況だったのは、金限日取引の定着で個人投資家の投資意欲が強いため」と指摘する。金限日取引の売買高も現在、当初目標の1日平均1万枚を超える1万6千枚程度に達する。東商取は個人を中心に投資人気を掘り起こし、流動性の向上につなげる考えだ。

その他商品情報は、こちらより。


2017年3月22日(水)

[東京金]
NY高を受けて、反発して始まった。その後はNY金時間外取引と為替相場がともに動意を欠く中、もみ合いが続いて取引を終了している。
先限は前日比11円高の4,453円、出来高は21,840枚。

[東京白金]
NY高を受けて、小反発して始まった。その後はNY時間外が前日の東京商品市場の大引け時点に比べ水準を切り上げたものの、為替の円高を背景に、小幅続落して取引を終了している。
先限は前日比4円安の3,469円、出来高は9,345枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油安と円高を受けて、続落して始まった。その後はNY時間外取引が軟化したことを背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
原油先限は前日比1,120円安の34,570円、出来高は13,230枚。ガソリン先限は前日比1,120円安の48,510円、出来高は2,600枚。

[東京ゴム]
欧米原油安や円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は上海ゴム相場の急落を受けて、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比14.0円安の249.0円、出来高は10,947枚。

[東京コーン]
シカゴ安と円高を受けて、売りが先行して始まった。その後もシカゴ相場が全般に軟調に推移したことを背景に、水準を切り下げて取引を終了している。
先限は前日比240円安の21,840円、出来高は3,195枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
志は遠大なる要す
目先の小さな利益にとらわれず、志は大きく天底を狙って大儲けをしましょう。


昨年過去最高利益を更新した、原油スイング。

2017年3月に入りようやく動きに変化も。

原油スイングシステムは、
マネーマネジメント効果も手伝って、
3月度の月間獲得利益幅合計は、10,000円超え!

絶好調!!


1枚ベースの利益は、500,000円以上に。


その他商品情報は、こちらより。


2017年3月21日(火)

[東京金]
円高を受けて、売りが先行して始まった。その後はNY金時間外取引相場の軟調推移を背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比14円安の4,442円、出来高は24,394枚。

[東京白金]
NY高を受けて、反発して始まった。その後はNY時間外取引相場の軟化を背景に、マイナスサイドに引き緩む限月が相次いで取引を終了している。
先限は前日比10円安の3,473円、出来高は11,915枚。

[東京原油・東京ガソリン]
欧米原油安と円高を受けて、続落して始まった。その後はNY時間外取引の戻りや、円の伸び悩みを受けて買い戻され、下げ幅を縮小して取引を終了している。
原油先限は前日比60円安の35,690円、出来高は6,037枚。ガソリン先限は前日比60円安の49,630円、出来高は1,432枚。

[東京ゴム]
欧米原油高や円高を受けて、売りが先行して始まった。その後も上海相場の下落を受けて売りが継続し、下げ幅を拡大して取引を終了している。
先限は前日比5.0円安の263.0円、出来高は6,092枚。

[東京コーン]
シカゴ高と円高を受けて、売りが先行して始まった。その後はシカゴが軟調に推移したため、売りが継続し、先ぎりは終値としては1月半ば以来約2カ月ぶりの安値に沈んで取引を終了している。
先限は前日比430円安の22,080円、出来高は1,156枚。


いつもありがとうございます。

本日の相場格言
今日の一針、明日の十針
今日の一針を怠ると、ほころびが大きくなり十針も縫わなくてはなりません。
相場で仕掛ける時、仕切る時にも、その一瞬を怠ると、後で後悔するということ。

相場には勝った負けたは付き物です。勝ち負けだけで相場をやっているのであれば、そのうち偶然にも一度くらいは大きな利益をだすことも経験されると思います。しかし一度の利益を出すことは誰でも簡単なことではございますが、最終的に資金を増やすことは容易ではございません。相場を投資としてやる以上は、資産を残し財産を築きあげていかなければ意味はありません。
相場の世界では、常に勝ち続けている投資家は1割もいないといわれています。9割近くの投資家達は1年と経たずに相場の世界から消え去っているのが実情です。
当サイトのシステムでは、目先の利益にはとらわ れず、大切な資産を残していくためにも年間プログラムを取り入れております。当然ながら短期間ではマイナスがでることもあります。しかし長い目で見た場合に、最終的には過去で実証されていますように、必ずといってよいほど年間成績はある平均値以上の結果を残すことが出来ます。
本格的な資産運用としてご紹介させていただいているため、独自のマネーマネジメントを取り入れております。
当たった、ハズれたの相場をやっていても意味はありません。
資産運用として真剣にお考えなのであれば、1ヶ月よりも当然ながら、半年、1年・・・と長期での運用の方が効果もかなり大きくなります。
実際に実感していただくためにも、なるべく長く運用するこ とをお勧めいたします。
そうすることによって、今まで味わったことのない喜びを感じて頂けるはずです。


その他商品情報は、こちらより。